TX5KのQSL請求

DXCCはLotwが基本ですので、SASE(ダイレクト)でのQSL発行は年に数回しかしていません。
以前購入していたIRCの期限が今年までであり、最近10mでNewとなった、J5、TX5K、
焦げ付きのV4とH40に送ることにしました。
TK5KはLog Searchで確認してみると、Logに記録がない10mSSBのQSOが出て来ました。
1366435578

Pedi終了直前にSSBで呼んでいて、0000UTC丁度にQRTするときの信号の録音は
あります。この時できたのか?DXAも見ていましたのでそんなことはないはずです。
Blogにも何も、書き残しなく(メモ帳としておきながら役に立っていない)・・・
ここまで、昨日のことです。

朝起きてきて、ふと思い出したのがDXAの画像です。探したら、出て来ました。
1366435600

これを見て思い出しました、JA6WHNとコピーされていて、この時の信号は強力でPediも数日残って
いたのでそのうちできるだろうと思っていたことを。
これが、修正されているとしか思えませんので、この時間で請求することにしました。

若いころなら、こんな悔しい事は必ず覚えていたはずですが、1ヶ月ちょっと前の事も忘れていて・・・
画像は、blogネタ用に保存していたのですが、出張があり利用しないまま終わってたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA