TS-590SGファームウェア1.04

RSP2をパンアダプターとして使うためにwebで調べていたら、TS-590SGファームウェア1.04になっているのに気づきましたので、バーションアップを実施。
All Asiaは土曜日以降1局も増えずに、終了。
10M LOW
Band QSOs Pts Cty Pt/Q
  28   9  34  5 3.8
Score: 170

黒点増加して SFI=120 SSN=96 A=9 K=4
磁気も落ちつてきつつあるので変化するのはこれから?

年月日(UT) 黒点数 F10.7
2017年08月25日 39 81
2017年08月26日 35 78
2017年08月27日 22 78
2017年08月28日 17 82
2017年08月29日 35 84
2017年08月30日 42 87
2017年08月31日 59 92
2017年09月01日 62 93
2017年09月02日 71 100
2017年09月03日 96 120

SDR

7月にJARL大分県支部のはむ寺子屋 に参加してました。
ちょうど次のサイクルに向けて何らかの準備を始めようと思ってたところでした。価格も手ごろで講師がお勧めだったSDRplay RSP2、HPを見るとちょうど夏休みキャンペーンとの事で、先月購入しました。

All Asia TEST中ですので、10mでCQをたれ流ししながら、通販で購入したSMAコネクタの作成です。コネクタは1.5D用と3D用を準備していましたが、とりあえず1.5Dで作成してみました。
SMAコネクタを使うのは初めてですので、Webで検索してほぼNコネと同じ作業を確認後に開始しましたが、老眼でほぼ見えません。眼鏡を付けたり外したりしながら、なんとか作成できました。

受信確認にPCにHDSDRをインストールし、TS-590SGのDRV端子に接続し、受信を確認しました。

All Asia TESTは黒点が増加中なので思わぬところが聞こえるか?と期待しましたが、
SFI=100 SSN=62 A=28 K=3 と磁気が乱れすぎです。
VK、ZLとのQSOもなく土曜は9局、しかし21時(JST)過ぎには4S7のビーコンはメーターを振らせて聞こえていました。

5T0JL Silent Key

10mの5Tはサイクル22の登り始めにLong Pathで聞いて以降、信号を聞くチャンスもなくサイクル24となりました。
2011年の10月以降にCONDXが急上昇し、朝のLong Pathで5T0JLの信号を何度も聞く事ができましたが、ANTがマルチバンドのバーチカルと言う事もあったと思いますが、信号が弱く浮き沈みが激しかったりでなかなかQSOできませんでした。CQ連発しているのに応答が無かったことも・・・。
このBlogで検索すると何度も出てきます。
結局、QSOできたのは2014年で夕方のShort Pathでした。
http://10m.ciao.jp/wp/?p=896

サイクル24でかなり必死で追っかけていた局だったただけに、
Silent KeyをDX-Worldの記事で知った時は、衝撃的でした。
DXSummitで検索すると、亡くなる1週間前までSPOTがありました。 
その他、検索すると88歳だったようです。 RIP

 

IOTA

毎年のことながら、梅雨時から夏場はシャックにエアコンが無い事もあり、QSO数は少ないが、今年は6月10日以降運用していなかったので、1カ月は半ぶり。
ちょうどIOTA Testも開催なので100QSO位はと思って始めましたが、開始直後に、開局当時にお世話になった方々が飲んでいるとの連絡があり、20分ほどで一旦中止。
スーパーローカル(100m?)だった、某局とは私が高校を卒業した後に転勤で地元に帰られたので、35年ぶり位で昔話で盛り上がりました。

翌日は、暑さで根性なく夜は元々予定のあった飲み会で、わずかに38QSO。

Band QSOs Pts IOT Pt/Q
14   26  170  3      6.5
21    1    15  1   15.0
28   11  135  6   12.3
Total   38    320   10       8.4
Score: 3,200

dynabook V713/27j(WIN10)起動しない

3年前の長男が大学入学時に型落ちで購入したdynabook V713/27jが起動しなくなりました。購入時はすぐにWIN8⇒WIN8.1 
その後⇒WIN10 で使用していました。

症状
・Windowsのアップデート後、再起動を繰り返しシャットダウンできない状態。
・自分で調べて、「高速スタートアップ」を無効を実施
・全く立ち上がらない状態。以下のページと同じ
https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/note/n403216
このページ参考にコマンドプロンプトからの作業も実施していくが、起動できない。

本人は再インストールも仕方ないと再インストールを使用とするが、これも実行できなかった。

最後に、もう一度USBから立ち上げて、windowsREからの修復を実施したら完了。(何度やっても実施できなかったのに)
起動できました。良くわからなまま修復なので、次発生したときが心配。

 

 

ダイレクトで2通も

2015年頃まではCONTESTでそれなりのQSOしていましたので、直後にSASEが送られてくることも良くありまたが、最近はQSO数も少ないのでほとんどなかったのですが、つづけて2通も着ていました。

2014年と2016年のQSOですが、昨年からJARLの転送会員をやめましたので、BUROに送ったけど返信がないからかなと想像しています。
WA2VYAは2001年のARRL10mと2014年のARRL CWでQSOしてQSLを発行しているのですが、2014年のWW CWとARRL10mのQSOが記載されたカードでした。すべて10m CWなんですけど・・・
全QSOについてQSL発行、交換なんでしよう。

追記
いずれも数$同封されていましたので、返信料より多い分はそのまま$を返そうかとも思いましたが、和風シールを同封することにしました。

 

LOTW更新

そろそろかなと思っていたら、ARRLからメールが着ていました。
3年前 のメモをみてまたも記憶は薄いため、今回も登録したときのHPを見ながら、tq5ファイルを送り、本日tq6ファイルが返されてきましたので、
更新作業がおわりました。
また、3年後同じことをするのでしよう。

 

 

A25UK

Lotwでのcfmは10、17、30mなので、15、20、40mでのQSOを狙っていました。clusterでは耳が良いとの書き込みもありましたが、本当に耳が良いと感じました。キーイングはそれほど早くありませんが、確実にパイルを捌く感じて、QSOできそうな感じで、しばらく頑張って呼んでみようと思わせてくれるオペレーションでした。
40~15mまで5BANDでQSOでき楽しませてもらえました。

2017ALL JA

ノイズの事もあり庭の片付けや草取りをしながらの参加でした。
11時過ぎに10mがよさそうでCQ連発したら、1エリアとできてドンとQSOできるかなと期待しましたが、1局のみ。
20時過ぎて40mを運用していませんでしたのでラスト30分でどの位できるが出てみました。さすがに次々と呼んでもらえて30分弱で50QSOできましたので56分で終了しました。

 Band     QSOs     Pts  Sec  Pt/Q
     7        50       50      25   1.0
    14        17       17      12   1.0
    21           1          1        1   1.0
    28        15       15        9   1.0
 Total       83      83     47   1.0
Score: 3,901