2018CQ WW SSB結果

Assisted Low 15mではJA 1位 AS 2位 World 10位と良い結果ではありますが、Low 15m JA 1位のJF3BFSには大きく離されていました。

2018CQ WW SSB

Summary *

 283 Claimed QSO before checking (does not include duplicates)
 278 Final   QSO after  checking reductions

 709 Claimed QSO points
 676 Final   QSO points

  71 Claimed countries
  71 Final   countries

  31 Claimed zones
  31 Final   zones

 102 Claimed mults
 102 Final   mults

72,318 Claimed score
68,952 Final score

4.7% Score reduction
1.8% Error rate based on claimed and final qso counts

   5 (1.8%) calls copied incorrectly
   0 (0.0%) exchanges copied incorrectly
   0 (0.0%) not in log
   0 (0.0%) duplicates (Removed without penalty)
   0 (0.0%) calls unique to this log receiving credit (not removed)

Results By Band *

         Band   QSO  QPts  Zone Cty Mult

Claimed 160M 0 0 0 0 0
Final 160M 0 0 0 0 0

Claimed 80M 0 0 0 0 0
Final 80M 0 0 0 0 0

Claimed 40M 0 0 0 0 0
Final 40M 0 0 0 0 0

Claimed 20M 0 0 0 0 0
Final 20M 0 0 0 0 0

Claimed 15M 283 709 31 71 102
Final 15M 278 676 31 71 102

Claimed 10M 0 0 0 0 0
Final 10M 0 0 0 0 0

Claimed All 283 709 31 71 102 72318
Final All 278 676 31 71 102 68952

* Incorrect Call *

21339 PH 2018-10-27 0605 JH6WHN 25 UN7PT 17 correct UN8PT
21355 PH 2018-10-27 0640 JH6WHN 25 SP4BUC 15 correct SP2BUC
21203 PH 2018-10-28 0429 JH6WHN 25 BK3GA 23 correct BY3GA
21376 PH 2018-10-28 0719 JH6WHN 25 DJ9MW 14 correct DJ5MW
21266 PH 2018-10-28 1057 JH6WHN 25 EA3X 14 correct ED3X

Multipliers by Band *

15M multiplier total 102

4X 5B 9A 9K 9M2 9M6 9X A7 BV BY
CE CN CT CX DL DU E7 EA ER ES
EU F FR G HA HB HL HS I IT9
JA JT K KH2 KH6 KL LX LY LZ OE
OH OK OM ON PA PY S5 SP SV TA
TG UA UA2 UA9 UN UR V8 VK VK9X VR
VU XE XX9 YB YJ YL YO YU ZL ZP
ZS

1 3 4 6 7 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 36 38 39

Stations Copying JH6WHN Incorrectly *

21269 PH 2018-10-27 0611 R2AA 16 JH8WHN 25
21205 PH 2018-10-28 0921 YO3FRI 20 JH5WHN 25

* Stations Receiving Not In Log From JH6WHN **

21212 PH 2018-10-27 0626 YB8RW 28 JH6WHN 25

Stations Copying JH6WHN Exchange Incorrectly

21330 PH 2018-10-27 0334 BY1AA 24 JH6WHN 24 correct 25


XX9D、T31EU

近場でのペディションがV8に続き行われています。これらもlotwを見ると歯抜け状態ですし、ともに80mは未交信でした。

T31EUは昼間に15m CW(lotwで未CFM)でQSO、夜は40mで何度か呼びましたがNA指定が多くQSOできず。21時(JST)頃から80mでそこそこの信号で聞こえていましたが、こちらもNA指定が多く呼べませんでした。NAが日の出になれば可能性高くなると考え他の事をしながら聞いていました。一旦、FT8を運用したりしたのでこのままQRTかもと思いましたが、再びCWで運用開始しました。23時近くなるとNAも呼ぶ局が少なくなったのか、JAも可となりましたので、それから30分近く呼んでやっとでQSOできました。

XX9Dは、20mとQSOし夜には80mでもできました。

V84SAA

V8のペディションなのであまり気にしていませんでしたが、LOTWでのCFM状況を確認すると6mと10mのみであることに昨夜気づきました。
CLUSTER、RBNを使って運用中のバンドを確認して早速、30mでQSOできました。40mと80mでも運用中でしたが、まずは80mと聞いてみるとUSAとやってますがそろそろUSA側も日が出てしまう時間帯ですのでしばらくするとJAともQSO開始しましたので、なんとかQSOできました。
今日の、WPX RTTY TESTが終わってからは20mと17mで運用中ですがどちらもUSA指定でしたので、20mの信号を聞きながらWPXのLog処理等を済ませたらすでに呼ぶ局も減ってるのか、JAも可となりできました。17mはUSA指定が続いていました。
昼になって聞くとCQ出したりしてましたので17mでQSO。次は15m SSBに運用中でCQ出してますので簡単にできました。
その後、12mのFT8はかなり呼びましたが、なかなかできないので他の事をやってるうちにできてました。

2019CQ WPX RTTY

隔週で家には帰っていますが、何かとやる事も多くWPX RTTYが今年初めてのコンテスト参加となりました。
月曜日も休日でフル参加できる予定でしたが、土曜は午後から日曜も午前中は出かける予定ができて、 それなりの参加となりました。
SSNは0の日が多く10mは当然の事15mでも厳しいCONDXのため直前まで20mかマルチバンドか悩みましたが、 この時期のCONDX把握?の15mとしました。
1日目
SAもなかなか見えず、NAもパスは有るようですがスポット的なのか1時間でK6とZLで3QSO。
11時(JST)過ぎから出かけて、夕方のEU方面には間に合わず。
夜はAP Sprintに参加しようと思っていたのにすっかり忘れてました。
2日目
8時前になりパラパラと見え出して前日できなかったCV7SやKH6ともできました。9時過ぎからはEスポ?と JA1エリアが強力信号で、国内局がアップダウンしながら出かける11時になっても見えてました。
午後からは沢山運用しているYBとQSOして、16時前からはEUと数局できました。17時過ぎからはZONE15ともできましたが、 PWRもANTも特別な局なんでしょう。
3日目
何も見えてませんが、とりあえずCQを出すとKI6RRNから呼ばれて、良いぞと思いましたが全く続かずでした。
前日は、RBNでN2ICから何度かSPOTされましたが今日は全く無く、CV7Sも見えずで1QSO増で終了となりました。

Band QSOs Pts  WPX  Pt/Q
21   74   152  59    2.1
Score: 8,968

主なRBNでの受信信号 W方面はN2ICのみなのでロケーションの良さが飛びぬけてる?
de    freq    snr   time
JH4UTP 21099.0  12 dB   2240z 10 Feb

9M2CNC 21094.8  16 dB   0706z 10 Feb
VU3KAZ  21080.4  11 dB   0434z 10 Feb
JF2IWL  21080.4  42 dB   0149z 10 Feb
CX6VM  21096.0  27 dB   0116z 10 Feb
7L4IOU  21096.1  44 dB  0107z 10 Feb
N2IC   21096.1  7 dB  0107z 10 Feb
CX6VM 21096.0  31 dB   0046z 10 Feb
N2IC  21096.1  21 dB   0045z 10 Feb
CX6VM 21096.0  29 dB   0037z 10 Feb
N2IC  21096.1  9 dB  2323z 09 Feb
CX6VM 21095.9  18 dB   2319z 09 Feb
7L4IOU 21096.0  11 dB   2315z 09 Feb
CX6VM 21095.9  18 dB  2242z 09 Feb

9V1RM  21081.0  9 dB    0905z 09 Feb
VU3KAZ 21080.9  12 dB  0859z 09 Feb
VU2PTT 21080.9  10 dB  0859z 09 Feb
CX6VM 21080.9  12 dB  0022z 09 Feb
N2IC  21081.0  11 dB   0012z 09 Feb
CX6VM 21081.4  23 dB   0004z 09 Feb

シャックの模様替え

昨年暮れに、子供部屋を長男から次男仕様に変更しました。これに伴い長男のベットをシャックに置くことになり模様替えをする事になりました。

年末から不要品の整理をしていましたが、ついつい古い物が出てくると読みふけったりで進みませんでしたが、やっとである程度整理ができて、無線も運用できるようになりました。本棚(元は食器棚)を近くに置きましたので本や資料は机の棚にはおかないようにしてスペースを広げました。RIGの配置も変えようと考えましたが、ケーブル等必要な物が出てきそうなので、これまで通りの配置となりました。今後、RIGが増えたりしたら見直す事にする予定です。

2018年まとめ

元日から熊本県に行ったことや、年末から子供部屋の模様替えに始まりその影響で、シャックの模様替えが始まり、2019年はまだ0 QSO。

2018年のまとめから。2017年の10mは 27wkd 、2018年はコンテスト参加が少ない事もあり、18wkdでしたが、未QSOだったVP6Dとできて久々の10mでのNEWとなりました。
lotwでは、それぞれ少しずつ増えた程度でした。

2017年


夜の15m

SSNは0が続いています。15mでWSJT-Xを開いていたら19時(JST)過ぎに3B8のCQが見えて、呼びましたが応答なし。そのままにして、リビングでTVを見たりして21時過ぎにシャックに戻ると、以下の通りZSが見えてました。わずかながらこの時間でもパスはあるようです。

サイクル23ではweb cluster、サイクル24ではRBNでCONDXを把握していました。
サイクル25ではFT8を使ってCONDXを把握してCONTEST参加するようになるのでしょうか。

iPhone 5C画面浮き

2日前に仕事場でiPhoneを落としてしまった。夜になってよく見ると画面が浮いている。動作は問題なさそうだが

ネットで調べると、落下やバッテリーの膨らみで発生するらしい。今回は落下によるものと判断できそう。特殊ドライバーが必要なので金曜はそのままにして、本日修理する事に。

ホームセンターで精密ドライバーセットをポイントが貯まっていたので、ポイントで購入し、自宅に帰り作業開始。

充電ケーブルを差し込むコネクタ部分のちっちゃなネジを緩め、吸盤と車用のパネル外しを使って画面を浮かした。

バッテリーの膨らみ等無い事を確認し、元どおり組み立てて終了。
色々とnetで分解手順等を確認していたら、SIM外しは付属している事がわかったのでケースを持ってきて確認。

これで、バッテリー交換が必要になった時も自分でできそう。

2018 ARRL10m

今年は10mでのコンテスト参加はWPX CW位でしたので〆のARRL10mはフル参加できるように準備しました。もっともCONDXは昨年同様と想定してましたが、予想以上に悪く、日の出から10時JST過ぎまでは電離層によるパスは全くありませんでした。日の入り後は1時間程度は東南アジア方面が聞こえましたが、不安定な信号でした。QSO数はほぼ1日目で、2日目は9QSO、3日目朝は想定通り0QSOでした。
福島の10mマンOMは今年も元気な声が聞こえ交信できました。

Band Mode QSOs Pts S-P Cty Pt/Q
28  CW   55  220  0    11    4.0
28  USB  40    80   0       7    2.0
Total Both     95     300   0     18    3.2
Score: 5,400

ARRLでも過去のコンテスト結果が公開されていますので、コンテスト中は、第1回目(1973年)ARRL10mの結果を見たり、自分が参加した中で最もすごかったと思っている1978年(Log未提出だった)の結果を見たりしてました。
その他、無線以外の作業や調べものをしながらCQを連発してましたので呼ばれるとカーソルがブラウザーや他のアプリにありCQが止められない事が多かったです。
一応、SDRでCW運用時はSSBのバンドを確認できるようにしてましたが、効果はほとんどありませんでした。

サイクル25は来年から?

ARRL10mに参加中ですが、CQをたれ流し状態ていろんな事をやっています。
(QSOしていただいた方は呼んでいるのにCQが出たり、応答が遅れてすみません。)
blogを見てみたり、色々と情報をのんびり見ていると、以下を発見。来年の黒点数予想で0が続いた後、11月に1を予想している。

(http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/)

今後12ヶ月の黒点数の予測値
データ日: 20181209 (UT) ©SIDC
年月(UT) 黒点数
2018年12月 04
2019年01月 03
2019年02月 02
2019年03月 02
2019年04月 02
2019年05月 01
2019年06月 01
2019年07月 00
2019年08月 00
2019年09月 00
2019年10月 00
2019年11月 01

10m&コンテスト