接触不良の原因は

夕方、アンテナ側の同軸確認にタワーに上りました。同軸接続部分のビニールテープを剥がそうとしていると、バランに接続している同軸がわずかに回転しています。こりゃ緩んでいるなと思い慌てて、バラン側のテープを外しました。

緩んでいるというより、締め忘れ。1回転位締める事ができます。テープも外したので、一旦抜いて確認しておこうとケーブルを外すと、以下の状態で、芯線のピンはバランに刺さったまま。

2014-04-11 16.36.49.jpg

半田付け不良!

たまたま、延長部分でしたので簡単に持ち下ろすことができましたがSTACK MATCHからのケーブルだったら半日かかりの作業になるのところでした。

明日からのJIDX-CWは安心して参加できます。CONDXは、19時過ぎにA35X呼ぶEUは59+で聞こえていました。

SSNは78まで下がりましたが、黒点群が出てきていますので、これ以上大きく下がることもなさそうなので、昨年並みのCONDXは期待できるかも。

「接触不良の原因は」への8件のフィードバック

  1. 了解❗️潰れたけどクラニシのアナライザーとデジタルディップメーターは持ってますので必要ならお貸しします。

  2. 30年位前!のリーダーのデップメーターでやりました。
    アナライザーあると良いですね。

  3. 了解です。電気的に1λと言うことは、アナライザーで計測?
    それとも簡単に短縮率掛けた❓

  4. スタックマッチからアンテナ側は、同長としていますが、最初の計画では一番下のアンテナ(現在2ELE)も5ELEにして3段も考えていましたので、上の2本は電気的1λ、下のアンテナ用は2λとしました。と言うことで2になります。
    スタックマッチをシャック内も考えていましたので、シャックからタワートップへの同軸も単純に同長としています。

  5. 了解です、多分インピーダンス整合型でしょう❗️
    ところで、スタックマッチの件ですが、少し教えて下さい。
    スタックマッチ以降【アンテナ側】の2つのアンテナまでの
    ケーブル長はどうしてますか❓
    1.同長としている。
    2.電気的(短縮率もしくはアナライザーで計測)に1/2又は1/4λとし同長としている。
    3.ケーブル長は適当(それぞれ違う)

  6. ありがとうございます。変わらず必ず土日が休みと言うわけでないので、天気の良さそうな日に思いつきで作業してますので・・・
    来年は他のバンドも出れるようにアンテナ変更を検討していますので、その時はお手伝いよろしくお願いします。
    写真のコネクタはNコネ同様に芯線はハンダ付け(これが不良だった)して、網線部分はネジ締め圧着です。買った記憶もなくて、インピーダンス整合なのかは不明です。

  7. 修理ご苦労さまです。人でが必要な時はお声がけくださいね❗️
    ところで写真のコネクタは普通のMコネじゃないようですが、
    どんなタイプ❓インピーダンス整合型❓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA