Russian DX Contest

磁気が荒れている状況ですが、15日夜のOAやZSのビーコンは寝る前の1時でも聞こえていて
面白いコンデションでした。

16日朝は、K0あたりが聞こえていましたが、東よりから。
電信では5N7MがLPで聞こえ、CQを連発してました。
TT8/US3EZや5T0JLが出てこないかとCQ出したりしましたが、何処からも呼ばれること無く。
(5T0JLは12mでクラスターにUPされてました。)
夕方はDLあたりまで聞こえていましたので、昨日よりはよさそうな感じ。

21時になりコンテスト開始。強い局はS5程度でLPで聞こえています。
コールすると?は帰ってくるものの、なかなかコピーしてもらえず何度もやり取りしてやっとOK、YUとQSO。
S7位だったLZとはQSOできず。相手のアンテナはロシア向けでしょうからバック。QRMもかなりあるのかなと想像。
その後弱くなっていきましたが、南西方向からのスキャッタが良く聞こえていいて、
これもS5位。23時前までにHB9やDL等EUが6局、DU 1局とQSO。
このコンテストはMIX部門しかありませんのでSSBも聞いてみたら、そこそこの信号でEUが聞こえていました。
23時過ぎると、急に静かになり昨日と異なりZSとかのビーコンも聞こえない状態になりました。

17日は仕事で、帰りも21時前だったので、結局16日の夜だけの参加となりました。
 Band  Mode  QSOs    Pts  DXC   OBL
    28  CW       9       45     8    0
 Total  Both     9       45     8    0
Score: 360

NICTの臨時情報によると 17日6時0分(UT)に地磁気嵐が発生中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA