SPのEUはさっぱりダメで・・・

先日から、同軸ケーブルの接触が悪いようなので、
昼からタワーに登り、コネクタ部分を再確認。
夕方、EUの一番良さそうな日の入り時にCQ・・・
なんとZONE16しか出来ません。RBNでも
ZL2RV     JH6WHN     28012.5    CW CQ [LoTW]     5 dB    24 wpm    0815z 23 Nov
5B4AGN   JH6WHN     28012.6    CW CQ [LoTW]     4 dB    25 wpm    0810z 23 Nov

ところが、18時過ぎに聞くとLPは良好でEAは59+
それでCQだしてみると、OE、OK、Iあたりから呼ばれRBNでは、
OL5Q     JH6WHN     28003.9    CW CQ [LoTW]     6 dB    25 wpm    1012z 23 Nov
OH6BG   JH6WHN     28003.9    CW CQ [LoTW]     14 dB    25 wpm    1011z 23 Nov
LA5EKA  JH6WHN     28008.7    CW CQ [LoTW]     5 dB    27 wpm    0949z 23 Nov
HA6PX    JH6WHN     28008.7    CW CQ [LoTW]     10 dB    28 wpm    0949z 23 Nov
IK3STG   JH6WHN     28008.7    CW CQ [LoTW]     5 dB    28 wpm    0941z 23 Nov
と広い範囲から上がってました。
LP勝負となると、EUのQRMの中でも呼ばれるような周波数選択がうまく出来るかです。

NICTの情報によると、
20日12時(UT)頃に発生したCME(コロナ質量放出)の影響が24日頃に、21日16時(UT)頃に発生したCMEの影響が25日頃に到来し、地磁気が乱れる可能性があります。
今後の地磁気活動は活発な状態が予想されます。

これ以上悪くならないと良いですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA