CQ WW 160m

CQ WW 160mに参加してみようと、昼前から80mのSLOPERのエレメントを延長してテスト開始。
最初、エレメントをなるだけ直線に伸ばせるように、家を超えて南側へエレメントを引っ張ってみましたが、SWRはほぼ無限大。
やっぱり、タワーほぼ真下に引き下ろさないとダメなのかとエレメントをタワーから西側に5mほど離れたところに引き下ろし、残りは屋根に沿って引きまわしたところ、1.9MHzで2、1.8MHzは3位にないらいにないりました。Netで検索するとタワーから3mと書いてあるものもありましたので、段々と近づけていきましたが、あまり変わらずで16時過ぎとなりましたのでANTチューナー任せとしました。
20160130_004

たぶん約10年ぶりの160mの運用で、 4局のWともQSOできまいた。明日は仕事で日の出の時間帯に運用できないのが、つらいところ。

Band     QSOs     Pts  StP   DXC
   1.8           21     100    4    6
 Total         21     100    4    6
Score:     1,000

 

VP8STI

のこり9の一つ、VP8STI South Sandwich IslandのPediが始まってますが、月曜日は、翌日の雪による交通機関に影響あるかも?で仕事場近くに宿泊。火曜も帰りが遅くなり、やっとで夜聞くことができたのは20日(水)でした。
しかし、全く聞こえず。A-INDEXとか高いなと思っていたら磁気嵐が発生してたようでハイバンドは全くだめのようでした。収穫は30mのRTTYでK5PとQSOできたこと。
21日は飲み会。22日は臨時に夜勤となり今日は昼頃帰宅。
Club LogでJAがQSOできた時間帯も参考にRBNとClusterで運用中の周波数を聞くが、夕方の20m CWで何か出てるのがやっとでわかる程度。Beamがないと厳しいのかも。

K5Pは昼と夕方に20m CWとRTTY。21時過ぎごろからはVP8STIの運用周波数を聞いたり、80mのK5Pを呼んだりしていたらやっとで14UTC頃 何とかQSO。明日、10mができれば言うことなしかも。

K5P その2 

昨夜は40mでしばらく呼んだらNA指定や寝る前の15UTC過ぎにはEU指定。Club LogではEUが少ないのでK5Pの夜明けまではEUサービスだろうと、布団の中へ。
朝起きて、ハイバンドを聞くが17m、20mのRTTYともに聞こえず。
23UTC過ぎて、17mになったままメールチェックしたりしているとノイズに埋もれつつCQがきこえだし慌ててボリュームを上げるとK5P。
UP2で呼ぶと、?がタイミング良く帰ってきたので再度コールすると、無事QSOとなりました。
ハイバンドとRTTYは何とか今日やりたいところ。

追記
01UTC前に15m SSB、その後12m CWは599でこれまで聞いた中では最も強力な信号で上手く呼べばパイルも抜けそうな信号。
しばらく呼びながら応答している周波数を探し、先回りしながら追っかけて行くと、ビンゴ!昼過ぎから20mのRTTYの信号も強くなり時々呼んでみるが05UTC頃からはEU向けに。
日が落ちてからは、30mCWはこれもピーク599位だがなかなか呼ばせてもらえす。
40mのRTTYも良く見えているが、こちらも呼ばせてもらえない。その後11UTC頃RTTYはQRTしたみたいで、CWかSSBに出てくるだろうと探していたらRBNにSPOTされるが何も聞こえない。3分ほど待っているとCQが出されて、指定なし。JAが数局続き、無事QSO。

昨日ほどではないが11UTC過ぎの160mは安定して聞こえている。

さらに追記
12UTC前に30mを聞くと指定なしになっていたJAともバンバンQSO中。国内はスキップしていてなかなかどこを取ってるか見つけられずしばらく呼び続けてやっとでQSO。
あとRTTYができれば言うことなしだが、明日以降のメインはVP8STI。

20m IV 80m Sloper

K5Pが始まりました。14日は仕事から早く帰りましたので、40m、30mで狙いましたが、信号がノイズギリギリだったり良い感じだとNA指定だったり・・・でQSOできず。
今日は、朝起きてハイバンドをチェックするも何とか聞こえているのは17m位。NA指定になったりノイズレベルが上がったでしばらく呼んだ程度で終了。その後は出かけて所要をすませ帰ってきたらお昼。天気は良いし、気温も上がってきたので以前か考えていた、20mのIVを上げることにしました。
これは、給電点はRN4DXのバランに接続して、エレメントはちょうどブーム長が10m強のT28-DXの先端に引き下ろしもの。
また、倉庫を調べると以前のSloperがありましたのでこれも上げることにしました。こちの給電はRN4DXから取り外したMコネ部分を利用しました。
クランクダウンして、RN4DXのSWRを確認し、20m IVもバランに接続しましたが影響はなさそう。長めに作っていたエレメントをカットしたら、14.0でSWRは1.3程度でもう少し下で同調していそうな感じだったのでフルアップしたら、まあ良さそうな感じ。
タワーの頂部にSloperの給電部を取り付けたり、同軸を取っつけたりしてタワーをフルアップして、Sloperを張ったり後片付けをしていたら16時過ぎてしまった。
シャックでSWRをチェックしたら、RN4DX、T2-8DXのSWRへの影響はほとんどなく、20mのIVは14.0付近ほぼ1でした。もう少しカットしても良かったかもです。Slopeは75mではSWR1.3程度でしたので、ギボシ接続のエレメントを作成調整して80mでも1.5程度になるようになりました。

0160591fdd7cb06ab986dd0627ecfc318e67d3db94

ACコードを裂いて作ったエレメントなので、上写真で右側は白、左は黒。

01c9b4ba8bb3d65b729cb9348eca5c6c889ffcd9dc

ZL9A

運用が始まったのはCLUSTERで確認していましたが、7日は帰宅が遅くRIGはOFFのまま。
昨日も帰宅は、14UTC頃でしたが金曜でもあり40mで運用中を確認。張り切ってパイルに参加するほど信号は強くなく、数回呼んだだけで眠さもあり終了。
今日は朝から17mや12mで運用しているようだがDPで聞く信号は弱い。
午後から、TS-590の良く使うコマンドをlogger32に登録していたところRBNでSPOT
VK4CT ZL9A 21040.0 CW CQ 33dB 29 wpm 0641z 09 Jan
聞くと弱いながら聞こえているのでANTを調整しUP3 で数回呼ぶと応答があった。数分後にはQRZ EUになったが呼ぶ局がいないのかJAとQSOして07UTC前にはいなくなった。
CLUSTERをチェックすると20m SSBでEUとQSOしているようだが、本物だったか?0710UTC過ぎに、CLUSUTERにSPOT信号の感じは同じ局だが・・・

 年月(UT)          SSN     SFI
2015年12月30日     34     102
2015年12月31日     18      96
2016年01月01日     40      98
2016年01月02日     52     100
2016年01月03日     50     102
2016年01月04日     60      95
2016年01月05日     29      95
2016年01月06日     38     100
2016年01月07日     57     103
2016年01月08日     80     109

ARRL ROUND UP

1週間前
ARRL ROUND UPに参加。朝起きて40mも聞いてみたが信号が強い局はいなくて1局もできず。
15mはNMとW6、7までしか聞こえず。
午後からは新年会と終了後は熊本へ行くため午前中中心の運用で終了。

 Band     QSOs     Pts  Sec   DXC
    21       32       32      6       9
    28          1         1       0       1
 Total      33      33    6   10
Score: 528

デュアルモニターでRTTYの運用は快適に。

デュアルモニター

12月31日に発注した、モニターアームが到着しましたので、古いモニターも使って上下2段でデュアルモニターとしました。

01d5356ed65a67e8009cb390c081355c6e1885f48e

これでRTTYの運用は楽になりそうです。明日のARRL ROUND-UPでN1MMの画面配置などを検討していきたいです。
今年の1回目の本格的コンテスト参戦はWPX RTTYの予定です。