2015CQ WW DX CW 15mその1

毎回、コンテストに参加すると腰が悪くなる事が多いのて、スタート前にちょっと散歩に行ったら、帰ってきたのが8時55分(JST)。その上、雨がパラパラ落ちてきて家族は外出中なので洗濯物を屋内に入れてRIGの前に座ったら58分。
こりゃスタートダッシュなんてできるわけなく、周波数を探してCQ出すが、1局目は5分後。
なかなか呼ばれないので呼びに行ったりCQ出したりしながら、運用。ZONE5は全く聞こえず、4もパラパラ。それでも昼前までの3時間は40Q/hでまずまず。
昼間の、南からの西AFや、カリブ方面を期待して探したが、確認できず。

午後は、インド洋から東AF意識して時々聞くが何処も見つけられず、14時からはバンドエッジ付近でひたすらRUN。15時台は73Q/hで良い感じだったところにRA3の局がすぐ上で強力な信号で
CQ・・・そしてJAとQSOし始めた。少しずらしてと思ったが信号が強力で動きようもない事からあきらめ90kHz台まで動いて再びCQ。16時台も70Q/hとなったので、結果的には素直にQSYしたのは正解だった。
17時30分を過ぎると急に呼ばれなくなり、早めの夕食。その後18時過ぎにはLPでの信号も強くなく10局程度とQSO。一旦全く聞こえなくなったが、21時頃再び聞こえ始めたがCXとできただけで、EU、AFとはQSOできずで、1日目終了。
Band     QSOs     Pts  ZN    Cty
21      401    1033   23   59
Score: 84,706

早く目覚めたので日の出前のパスがあるかもと期待したが、結局何も聞こえず、何らかの信号が聞こえ出したのは6時40分過ぎから。たぶん10m同様に7時30分までは応答率は悪いだろうと思い、いつものようにマルチ探し。XE、TIを発見し、QSO。その後100kHz付近でYV1KKを発見。信号は弱いが多分LOW PWRのはずなので何度か呼ぶと応答あり。ZONE8は昼間のLPか月曜の朝に狙うことにして、7時30分からはひたすらRUN、ZONE5ともQSOできましたが有名局がほとんどで、
100W+3ELE程度の局は厳しいCONDXだったのではと思えた。これも長くは続かず、9時を過ぎるとほとんど呼ばれなくなった。昼前には、子供とキャッチボールしたり、午後は来客と中断しつつ前日とほぼ同じ流れだったが、午後はマルチを意識して探しにいき、VUのCQを見つけ
無事QSO。CQもAF狙いで西ビームで出したりしていたためか、こんな時は後からVUが呼んできたりするもの。(朝のXEも後から呼んできた。)
15時前に9Xを見つけるがカスカスでとてもできそうな信号ではなく素直にあきらめ。
昨日より早く17時には呼ばれなくなり、この時までAFは0QSOなのでEA8あたりを探しに行くと3V8SSを発見。高いところに出ていたので呼んでいる局も少なく簡単にQSO。その後EF8を見つけてQSO。
前日同様に、LPもあまり良くなく19時過ぎには静かになった。前日同様に21時頃再び聞こえ出し、SPとEA8とQSOできたが、21時30分頃には再び静かになった。
22時過ぎ頃はNAのLPを狙いやインド洋から南AF方面を探すが信号を聞くことなく、2日目も終了。
Band     QSOs     Pts  ZN    Cty
21      766    2035   30   76
Score: 215,710

マルチを4個以上増やしたいと思い、7時前からスタートしたが、7、8、9を送っている信号は全く聞こえず。下の2ELEと同時に聞いていたらE5を発見し何とかQSO。あとは中米、カリブを探すが見つけられず、7時半過ぎからRUN開始。パラパラとしか呼ばれず、ベストタイムの8時前に空CQばかりなので、再度マルチ探しへ。
やっとで8を送る信号を見つけたらZFでQSO。PJやP4あたりが聞こえないかと探したが見つけられず。8時半前からはひたすらCQで終了まで。
Band     QSOs     Pts  ZN    Cty
21      834    2236   31   78
Score: 243,724

wwcw2015

朝のLP(15m)

昨夜は
[JA] [28MHz] 2301Z = 0801JST   SFI=109 SSN=66 A=4 K=1
PJ7ELY       1609Z  28495.0 CQ LP FB SIGN                   JR6FC-#
沖縄からは10mで深夜のLPがオープンしていたようで、まだまだ使える10mのようですが、10mはARRL10mで楽しむことにしてWW CWは15mです。

7時過ぎに聞き始め、CLUSTERではPJ7、PJ6・・・SPOTされていますが、日の出直後でもありWすらまともに聞こえません。
JA6方面からカリブのベストタイムと思われる8時前から再び聞き始めました。C6(JA6から)、9YがSPOTされていますがC6はすでにQRTしたのか呼ぶ局も聞こえず、9Yを聞いてみると福岡の海岸局が呼んでいます。私のところではノイズに埋もれつつ出ているのがわかる程度でした。
しばらくしてCLUSTERをみると
VP2EAQ       2256Z  14027.0 L/P Alone, UP1
とありましたので、15mもLPが開いているかもとANTを南に振っていくと信号がノイズから浮かび上がりました。何度が呼ぶとQRZが帰ってきてコールの確認に手間取りましたが55/43でQSOできました。

2003年にはWW CW(15m)で1115(JST)にFS5UQとQSOできていますので、ZONE8、9は朝から昼間のLPで狙いたいところです。このCONDXではZONE5も含めSPはかなり厳しそうです。

年月(UT)         SSN     SFI
2015年11月15日     63     106
2015年11月16日     44     106
2015年11月17日     33     107
2015年11月18日     36     108
2015年11月19日     51     108
2015年11月20日     52     111
2015年11月21日     59     122
2015年11月22日     76     123
2015年11月23日     77     120
2015年11月24日     66     113

15m 2ELE

家族は、一昨日よりちょっと寒いかなという程度だったと言いましたが、昨夜寝たら寒気が・・・体調不良か?出張の疲れか??
午前中、子供とキャッチボールしたりして、ちょっと汗が出たら調子良くなりましたので、午後からは、CL10と248Aのエレメントを延長し15mの2ELEを作りました。
近くのホームセンターには1m長のアルミパイプしかありませんでしたので、ディレクタを付けた2ELEとしました。
10mの時と同様にZL向けに取り付け予定です。

15m_2ele

朝と夜のRBN(追記)
VE6やAC0Cと中部位までは飛んでいるようです。

de                 dx                      freq            snr          speed         time
VE6AO     JH6WHN 21011.6    12 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
KO7SS     JH6WHN 21011.4    8 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
WZ7I        JH6WHN 21011.4    15 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
KH6LC     JH6WHN 21011.3    4 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
N7TR       JH6WHN 21011.4    16 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
N6TV       JH6WHN 21011.3    13 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
VK4CT    JH6WHN 21011.3    16 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
AC0C       JH6WHN 21011.4    15 dB    29 wpm    2232z 21 Nov

夕方は19時頃(JST)VK9WAを呼ぶパイルが15mで良く聞超えていましたが、その後は弱くなりました。
20時過ぎたころ10mと15mでCQ TESTを出してみました。ANTはLP向け。10mでは弱いながらEUからSPOTされて、週末15mで良いのか悩みます。
de                 dx                      freq            snr          speed         time
VK4CT     JH6WHN    21003.8    25 dB    29 wpm    1123z 22 Nov
ON5KQ     JH6WHN    28018.5    5 dB    30 wpm    1117z 22 Nov
DJ9IE      JH6WHN    28018.4    6 dB    30 wpm    1116z 22 Nov
HB9BXE   JH6WHN    28018.5    7 dB    29 wpm    1115z 22 Nov
ZL2RV      JH6WHN    21004.0    10 dB    30 wpm    1111z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    21003.6    21 dB    29 wpm    1111z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28018.3    18 dB    29 wpm    1108z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28018.4    10 dB    30 wpm    1108z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28007.3    8 dB    28 wpm    1107z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28007.3    26 dB    28 wpm    1107z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28006.4    12 dB    29 wpm    1054z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28006.4    27 dB    30 wpm    1054z 22 Nov

開局40周年となりました

1975年11月22日18時23分にJH6PRQ局と初交信から40年となりました。QSO数は4万以上。
1979年  26QSO 1980年 107QSO 1981年  24QSO
1982年と1983年    0QSO(電子化したとき2mとかは未登録の可能性あり)
と高校3年生から就職後数年の5年間で150QSO程度とほとんど運用していない年もありますが、その後は、転勤先も含め、福岡県朝倉市(2006年3月までは甘木市)をベースに熊本県人吉市、菊池郡大津町、鹿児島県名瀬市、西之表市、佐賀県神崎郡脊振村から運用しました。

今後も10mをメインにコンテストを楽しんでいくことになるでしょう。

昼間の15mでのAF LP?

昼間のCONDXも少しは把握しておこうと、13時(JST)過ぎにCQをだしてみました。ANTは80度方向です。するとRBNにはET3AAから

de        dx        freq        snr    speed       time
UD4FD     JH6WHN  21011.2    9 dB    29 wpm    0411z 21 Nov
BG8FT     JH6WHN  21011.5     6 dB    29 wpm    0409z 21 Nov
VK4CT     JH6WHN  21011.4    18 dB    29 wpm    0409z 21 Nov
BD7RS     JH6WHN  21011.6    16 dB    29 wpm    0409z 21 Nov
BD1IIJ     JH6WHN  21012.4    33 dB    29 wpm    0408z 21 Nov
JA1LZR   JH6WHN  21012.5     7 dB    29 wpm   0407z 21 Nov
ET3AA     JH6WHN  21012.6     9 dB    29 wpm   0407z 21 Nov
BD1IIJ     JH6WHN  21013.5    20 dB    29 wpm    0407z 21 Nov
BG6JJI     JH6WHN  21012.5    13 dB    29 wpm    0406z 21 Nov

パスを確かめるために、ANTを270度方向にし、周波数をすこしずらしてCQ出すとUD4からはSOPTされたがET3からはなし。20mとかでは午後の早い時間に、ZSや東AF方面がLPで聞こえるようですが、15mでもオープンしてそうです。この時間帯どこに向けるかむつかしいのですが、南米は強力に聞えていましたので、東向きでも出してみる価値ありそうです。
10mはどうでしょうか?昨年のWW CWでもも早い時間に5XがJAのパイルになっていましたが、信号弱くパイルに参加する気にもなりませんでしたが、実はLPだったりして?

SSNは50前後が続いています。先月の傾向からすると、ピークがになるのかと思ってましたが・・・

年月(UT)         SSN     SFI
2015年11月11日     64     105
2015年11月12日     29     104
2015年11月13日     50     103
2015年11月14日     48     106
2015年11月15日     63     106
2015年11月16日     44     106
2015年11月17日     33     107
2015年11月18日     36     108
2015年11月19日     51     108
2015年11月20日     52     111

屋久島

11月9日から19日まで仕事で屋久島に出張していました。
1997年から3年間となりの種子島に住んでいましたので、その時1泊で遊びに行って以来でした。
0120826823119fec56815afbb1c2c6af0c2d3a1488

平ぺったい種子島と対照的にな屋久島。島の中心宮之浦に宿泊していましたが、下の写真の通り山が迫っています。世界遺産の登録されていますので、制限も多そうですので無線に関してはロケーションも含め種子島がよさそうです。

屋久島

 

 

15m CONDX

昨日から15mの CONDX確認でちょこちょこワッチ。
A-indexが高い状態が続いているためか7日夕方は、10mよりちょっとEUの奥まで聞こえてる感じ。21時(JST)を過ぎたら
Ukrainian DX Contest
が始まったので聞いてみるとCQ TESTが聞こえている。SPに向けると信号が弱くなったので、何処からのパスか?と回すとSW方向からでしたが。信号は結構強く2局とQSOできました。そのたHSやYBともQSO。
信号は弱くなりましたが23時過ぎてもSW方向から聞こえていました。

今日(8日)は夜明け前の6時頃から聞くと、CO8LY が 2053UTCに1エリアからSPOTされていました。ARRLのTESTが行われていましたが強い信号は西海岸ばかりでした。その中、7時過ぎてVP2MがSPOTされ聞いてみましたがノイズが高く何とかわかる程度。
8時前からCO8LYはSSBで聞えており、8時過ぎると信号もアップしS7~9となりました。呼ぶ局は多くなく、しばらく呼んでQSOできました。

午後からは、Ukrainian DXを楽しみながらノイズの状態を確認しました。
10mよりノイズレベルが高い時がほとんどで、良い時で同じ位。時々どうしようもなS9のノイズがあるが、1分程度で止まる事が多い。
それで、TS-590のNR1を操作しながらの運用練習となりました。10mでもたまにありましたがノイズに埋もれコールが取れないことが発生しそうです。また、10mと異なりビームを回してもノイズレベルが低い方向がありません。DXの信号ではS9の信号がサイドではノイズに埋もれそうになる局もありましたので、ちゃんとビームは切れてるようですが。

磁気嵐は今朝終了したようですが、OH等極よりの方向は弱かったり聞えなかったりでした。

Band   Mode  QSOs     Pts    WAE   Obl
21   CW      135      719    26         15
21   USB       14      104       1            1
Total  Both       149     823      27        16
Score: 35,389

年月(UT)                      SSN     SFI
2015年10月29日     101     113
2015年10月30日       88     121
2015年10月31日       73     119
2015年11月01日       88     124
2015年11月02日       94     122
2015年11月03日       95     124
2015年11月04日       93     114
2015年11月05日       75     110
2015年11月06日       86     115
2015年11月07日       79     115

 

 

 

 

日の出前のカリブ方面へのパス

先日のWW DX SSBにおいて、15mでは日の出の2時間以上前に1エリアからカリブ海方面がSPOTされていました。10mでも19:30UTC頃から同様にSPOTされていました。
私もこれを見て20UTC過ぎに15mでK3ESTとQSOしています。

この時間帯のパスについてPJ4Xを運用されたJH5GHM近藤氏のFace Bookへの書き込みもありどうしても確認したくなり、再度当日のClusterを確認したとこころ、
PJ4Q    15/10/24 2020Z  28403.5 WW                              JM1LPN
PJ2T     15/10/24 2017Z  28401.0 WW US wall!          JM1LPN

との情報を見つけましたので、JM1LPNがM/S参加であることとを確認し、オペレートしていたであろうと思われる、JA1BPA鈴木氏へメールをしてみる事にしました。
鈴木氏とはCONTESTでQSOするだけで、通常のQSOや直接お会いした事はないのですが、詳しく回答をいただいた上にこのblogに書き込むことも許可していただきました。ありがとうございました。
以下概要です。

  • 上記SPOTは鈴木氏によるものでSPでした。
  • 15mでは1か月前のCQ WW RTTYでも日の出前にNAとQSOできた。
  • 西海岸の北の方(W7/VE7)とZONE9付近が聞こえていて東海岸はカスカスだった。
  • 聞こえた局は皆スーパーステーションであった。
  • 20UTC台にはNA全土が聞こえたが、日の出頃は弱くなりその後は通常のパスとなった。
  • 九州で日没後しばらくして西AFとかが聞こえるパターンの逆ではないか。このパスは九州でしか聞こえず、逆に朝のこのカリブ方面のパスは1エリア以北しか厳しいのではないか。

などの情報をいただきました。
私は、2011年に運用されたPJ4/JH5GHMがLPで17UTC過ぎても聞こえていた事から、LPではなかろうかと想像したのですが異なるパスと言うことになります。

サイクル24を経験する前は、この時期のLPでのEU、西AF方面は13UTC、NA方面は14UTC過ぎくらいまでなので、せいぜい15UTC位まで運用すれば十分と考えていました。
しかし、LPはEU方面もNA方面も15UTC過ぎてもオープンしていることがわかりましたし、カリブ方面は上記の通り17UTC以降も聞こえていました。そして、今回のパスで日の出前もオープンする可能性がある事がわかりました。

私が開局当時の10mを運用したことのあるOMは「10m最盛期は1日中どこかが聞えている!」と教えられましたが、その通りで15UTCから日の出前の21UTCまででもどこか聞こえる可能性がある事がわかりました。
このパスがオープンするとシングルバンドでも寝る時間がない事になります。

今月で開局40周年を迎えますが、まだまだ知らない事、学ぶ事が沢山ありそうです。サイクル25でも新たな発見、経験ができるようになると良いと思いました。