スタック期間終了

WPX-CWは仕事でしたのでAA-CWのフル参加を予定していましたが、日曜日に予定が入り、部分参加になりそうです。
今日は、曇り空でそれほど暑くなかったので作業やるなら今日だろうと、下の2ELEと5ELEを下しました。
作業は2時間弱で終了しましたので、RN4DXを上げることにしました。
上げる前に、コイルを逆向きにつけているのを発見しよかったのです。2時間ほどで上がりましたが、同軸は2本タワーに上げていますが、以前から調子悪かった同軸に接続してみたら、どうも断線かコネクタ不良の模様。
再びタワーに上りSTACK-MATCHに接続したのですが今度はSWRが全バンド3位。おかしいなと思いましたが、使ったバランは以前248Aに使ってたもので、SWRが悪かったのを思い出し、バランの不良だろうと考え三度タワーへ上り2ELEに使っていたバランに交換。これで大丈夫なはずと思ってチェックすると全バンドほぼ同じ。
双眼鏡でアンテナの接続部を確認するが異常なく、試しに10mのアンテナに切り替えてみるとほぼ同じ。これはおかしいとRIGをよく見るとなんとメータースイッチはALC・・・
最初の同軸の時は、SWRになっていたのですが。7MHzも思ってたよりバンド幅はあり、7.1あたりまではチューナーなしでも使えそうです。

PCダウン

6月11日の朝、電源が入らなくなり、蓋を開けて確認すると電源スイッチを押すと数秒間は、ファン(CPUとケース)は回ってるし、LEDランプも点灯するが数秒間で落ちる。数回ONにするが、BIOS画面が表示される前にOFFを繰り返す。
症状をリビングのPCでググると、グラフィックボード→増設ボード→メモリの順にチエックすると良いとの事。
グラフィックボードは、挿してないので、3枚のPCIボードを1枚ずつ外して起動させるが同じ状態。それではメモリか?
1組のメモリを外しても同じ。では、もう一組はと外して見ると、Windowsも起動した。
それで、メモリをよく見ると…写真の状態で埃がベッタリ。このメモリは、CPUファンのすぐ横で埃がが付着した模様。
電源以外は組み立て後10年以上だし、Windows xpなんで、買い換えろとお告げと思い買い替え決定。
netのアウトレットとかも見て品定めするが、安くて良いなと思ったらメモリーが2G。メモリー8Gで探すとCPUがcorei7かi5そんな3万、2万もするCPUは持て余すだけでやろう。
やっぱ拡張性もあり格安となると組み立てるしかない。12日にPC屋に行って1式買ってきて組み立てました。
目標は5万以下だったのですが、
CPUの最新Celeronは、マザーボードのBIOSのアップデートが必要とかで、
Pentium Dual-Core G3220 +1000円
電源は過去に2度トラぶってるので余裕ある方いいだろうと500W +1000円
最後にショップの兄ちゃんがLogicoolの無線のキーボードとマウス使ってるけど良いよ~て言葉に負けて +2000円
マザーボードは、GIGABYTE B85M-DS3H メモリースロット4個、シリアルポートが付いいるということで決定
HDDは1TB、メモリーは4GB×2枚、ブルーレイを買うか迷いましたが高いので一番安いDVDドライブ
windows8.1まで入れてちょっとオーバーして約5万3千円となりました。
組み立てからwindows8.1が起動するまで約4時間。今日、N1MMやLogger32が起動できるようになりました。
Logicoolのキーボードとマウスは快適!

春のカリブのQSL

先週、QSLカード到着して10mは2UPとなりました。

j8_ly2ij.jpg

先週、オールバンドNEWのJ8。見慣れない封筒と思ったら初めてOQRSでのcfmでした。

fg5fr.jpg

何故か10mで縁が無かったFG。そのうちできるだろうと思ってたらなかなかでできませんでした。

QRZ.COMでは「Direct SASE . ONLY Not QSL Buro Not Electronic」とのことでやっと

Directで送ってcfmできました。

movabletype バージョンアップ

先月中頃に

「注意喚起:Movable Typeサイトの改ざん対策のお願い【ロリポップ!】」

とメールが送られてきて

Movable Type の既知の脆弱性を使用し、悪意の第三者による攻撃が行われた場合、
不正なファイルをサイトに設置されるなど、改ざんの被害を受ける可能性がございます。

とのこと。5月27日の投稿の後に最新版にバージョンアップするための作業をしたのですが、上手く行きませんでしたのでしばらく放置してました。今日、再度最新版ファイルをアップロードしましたが上手くできず・・・再度インストールマニュアル等を見ていくと、cgiファイルの属性変更をしていないことがわかり修正して最新版となりました。