CQ WW WPX SSB

SSNは70~80なのにSFIは100ちょっと、昨年の秋がサイクル24の
ピーク!?と思いたくなるような春のコンディションが続いています。
土曜日が夜勤、日曜も夕方から隣組の会合と飲み会で
土曜の午前中と日曜の昼頃のみ参加でした。
Wの西海岸が9時半ごろから強力に聞こえていました。
10時半ごろ一旦弱くなりましたが、11時過ぎにまた強くなりました。
W6中心でしたが、参加曲が少ない感じがしました。

SINGLE-OP-ASSISTED 10M LOW SSB
 Band    QSOs    Pts  WPX
    28      68     180   57
 Total      68     180   57
Score: 10,260

7P8PB

SFI=99 SSN=104 A=20 K=3とSSNは100あるのにSFIは100を切っています。
コンディションパットせずです。
夕方聞いていると、7P8PBのCQ連発を見つけQSOしました。
クラスターには7P8BPと間違ってアップしてしまいまいした。
その後ずっと聞いていたわけではありませんが、
JAから呼ぶ局もほとんど無かったようです。
夜はRDXCで聞いていましたが南西方向から数局EUが聞こえていましたが
とてもQSOできる信号ではありませんでした。

給湯器故障

無線とは全く関係ありませんが、忘れないように修理記録です。

昨日、突然給湯器の温度設定が70度(最高温度)に勝手になる現象が発生。
本体側のコンセントを抜いてみたところ、デフォルト設定に60度になった後、
48度くらいまで下げられたが、それより下がらず。その後、また勝手にまた60度とかに・・・
夜は、念のため電源OFFにして就寝。
今朝は、電源OFFの状態なのに、ピッと音を出した後に、温度表示部分に
「47」と「49」を点滅表示。
メーカーのサイトに行くと、故障受付は24時間体制(すばらしい!)
6時半ごろでしたが電話をしてみると、昨夜から勤務だったのか、
ちょっと疲れた感じでしたが女性の方が対応してくれました。
設置から10年近く経過していることから、すぐに修理依頼は行わず、
9時過ぎに技術者から電話してもらうように依頼しました。

技術者の方と話すと、「47」と「49」のエラーコードはないとのこと。
症状からすると、操作部の故障ではないかと。この場合修理代金は2万程度。
もし本体の側の基盤も不良だと更に2万とのこと。
操作部の個人への販売について聞くと、個人へは行なってないとのこと。

そんなにかかるなら、分解してみればとのかみさんの指示もあり、
操作部分の分解開始。
壁から取り外してみると、信号線は2本で取替だけなら誰でもできそう。
取り外したあと、分解・・・
基盤のみにして結線すると、きちんと動作します。
昨日から、温度設定スイッチを押してもクリック感が無かったのですが、
基盤上のスイッチは「カチカチ」と。
温度設定スイッチは、基盤の真ん中付近にありケースを見ても裏側から
支えているような物もありません。
このため10年間に基盤が反ってスイッチが押されなくなったと想像。
スイッチにビニールテープを貼り、温度設定を下げるスイッチには
ケース側のボタンにもビニールテープを貼り、取り付けた所
正常に動作中なので、修理は行わずしばらく様子見です。
ビニールテープなのでしばらくしたら張替えとか必要かも・・・

疑問点が2つ
昨日、勝手に設定温度が最高温度となったのは、スイッチが押された
状態のままだったと考えれば納得できることですが、このスイッチも
クリック感がなく浮いていたように感じだったのですが?
電源をOFFの状態で「47」と「49」を表示したのは何を意味するのか?

続きを読む

ARRL DX SSB

今回も土曜は仕事で、日曜日のみの参加です。 
早く目覚めたので7時前から聞いていましたが、7時過ぎて東方向から
W6が聞こえ出しましたがQSOできるレベルでなく・・・
パスが北東方向になってきて0730JSTにやっとK5とQSO
S=9の強い局を呼んでも応答なかったり、逆にS=3位の局から1発で
応答あったり・・・
ランしている1エリアの局を聞いていたら、W9が2局呼んでるのに、CQ TEST
そしてこちらで聞こえない局に応答と、不安定なコンディションでした。
それでも、CAとしかできなかった昨年よりは良好だったので、来年に期待!
10mLOW
 Band    QSOs    Pts  Sec
    28      19      57    7
 Total      19      57    7
Score: 399
SSN=52 SFI=116(3月3日)

FM5KC

3月になりましたが、SSNは50前後、SFIは100~110程度で、
サイクル24のピークは昨年秋?と思いたくなる太陽活動が続いています。
2010年の2月から10mでもサイクル24に始まりを感じ始め、
春と秋に合わせ太陽の活動が活発化していましたので、昨年秋は
順調にコンディション爆発したと言う感じでした。
この調子がピークと言われる2013年まで続けば、サイクル23と比較しても
そんない悪くないのかなと思っていたのですが、この春は???

それでも、春!今朝ははFM5KCが何とか聞こえていましたが、
コンディションのイマイチと示すようにビームは60度方向からが
良く聞こえていました。

追記 夕方はGもQSBがありましたがそこそこの信号で聞こえてました。

続きを読む