「ANT」カテゴリーアーカイブ

とりあえずRN4DX

約4カ月ぶりにANTを上げました。RN4DXは2分割でウッドデッキの下に収納しています。組み立ても簡単で現在のようにマストトップに取り付ける場合はUボルトもつけたままマストの上から差し込んで30分位で上げ下しです。
マストの差し込む時にRN4DXが重たく感じるのは 加齢による体力の低下か・・・

夕方にはタワーもフルアップ。FT8はどうやってたけ?と思いながら30mでZK3とQSO。その後は40m CWでもZK3とQSOしました。

T2-8DX下したがブームが分解できず

昨年秋にVP6Dのために、上げたT2-8DX。目的はは達成し今秋からはANTを変更予定ですので、GW頃から下すのを考えていましたので、6月8日に下してRN4DXのみとしました。しかし、分解で問題発生。元々このANTは借り物で、返却しなきゃと思っていたのですけど・・・

問題発生は、下してからでした。3分割のブームを分解しようとすると、組み立てる時にやや硬めだった方が抜けません。手で回しても回らないためクロスマウントを2個付けたら何とか回りました。滑りを良くしようと近くにあったエンジンオイルを注入(これがよくなかったか?)しばらく放置してたら固くなって回らなくなってしましました。

検索すると某コンテスターのページでブームを固定し回して抜く方法が書いてあり、庭に子供が遊ばなくなった鉄棒(足場鋼管で作成)があったので固定して回してみました。最初少し回ったのですが、回らなくなってしましました。少しずつ前後に回しながらやるべきだったのか・・・
FBに投稿していたので、色んな方の意見をいただき車のジャッキを利用して抜いたとの話から下の写真のようにやりましたが結局抜けずです。

T2-8DX再び

台風第25号も去り、もう大丈夫だろうと昨日からアンテナを上げました。
マストトップにはRN4DX、下にT2-8DXそしてT2-8DXのブームを使って20mの逆Vもつけて、約3年前と同じ状態になりました。
40m~10mまで運用可能となりました。10mでのVP6D狙いなのですが、SSNは0の連続でどうなるでしょうか。

まずはRN4DX
T2-8DXのブームを使って、20mの逆VをRN4DXの給電点に接続

アンテナ下し


台風19号は停滞気味で発達中。今後は九州に接近する予想もあり、CA33とRN4DXを下しました。
作業は朝6時に開始して、ANT下しは2時間半位で終了し、タワーのワイヤーに注油や後片付けして9時前に終了しました。
10月には、10mで未QSOのVP6Dを狙える設備にする予定です。(3年前に戻る?)

RN4DX取り付け

1か月振りに自宅です。WW DX SSBも参加できず、ANTはトライバンダーのみとなっていました。ちょうどVK9MAのPediが行われていますが、20mから下のバンドは未QSO。と言うこともあり、8時前から作業を開始して、1時間程度で無事にRN4DXを上げました。
期待のVK9MAはまだ信号を聞いていません。

月末のWW CWはCD78の整備が間に合えば80mでの参加を検討中。ダメな時は40mか?

 

20m IV 80m Sloper

K5Pが始まりました。14日は仕事から早く帰りましたので、40m、30mで狙いましたが、信号がノイズギリギリだったり良い感じだとNA指定だったり・・・でQSOできず。
今日は、朝起きてハイバンドをチェックするも何とか聞こえているのは17m位。NA指定になったりノイズレベルが上がったでしばらく呼んだ程度で終了。その後は出かけて所要をすませ帰ってきたらお昼。天気は良いし、気温も上がってきたので以前か考えていた、20mのIVを上げることにしました。
これは、給電点はRN4DXのバランに接続して、エレメントはちょうどブーム長が10m強のT28-DXの先端に引き下ろしもの。
また、倉庫を調べると以前のSloperがありましたのでこれも上げることにしました。こちの給電はRN4DXから取り外したMコネ部分を利用しました。
クランクダウンして、RN4DXのSWRを確認し、20m IVもバランに接続しましたが影響はなさそう。長めに作っていたエレメントをカットしたら、14.0でSWRは1.3程度でもう少し下で同調していそうな感じだったのでフルアップしたら、まあ良さそうな感じ。
タワーの頂部にSloperの給電部を取り付けたり、同軸を取っつけたりしてタワーをフルアップして、Sloperを張ったり後片付けをしていたら16時過ぎてしまった。
シャックでSWRをチェックしたら、RN4DX、T2-8DXのSWRへの影響はほとんどなく、20mのIVは14.0付近ほぼ1でした。もう少しカットしても良かったかもです。Slopeは75mではSWR1.3程度でしたので、ギボシ接続のエレメントを作成調整して80mでも1.5程度になるようになりました。

0160591fdd7cb06ab986dd0627ecfc318e67d3db94

ACコードを裂いて作ったエレメントなので、上写真で右側は白、左は黒。

01c9b4ba8bb3d65b729cb9348eca5c6c889ffcd9dc

2ELEを10m用に

週末はARRL10mです。
10m好きにとっては、年末の挨拶もかねた行事ですし、まだサブアンテナも必要かも?とWWCWのため15m用にしていましたがエレメントを短くしました。
t2-8_2ele

ARRL10mは少しでも沢山の局とQSOしようと、毎年MIX部門で参加していますが、RIGをTS-590SG変えてからはハンドマイクでやってました。HEILのヘッドセットを使えるようにしようかとも思いましたが、TS-590SGのマイクコネクタに出ている電圧は8Vと言う事でやめて、どうしょうかと考えていました。
ふと思いついたのが、長年使っていなかったASTATICです。
TS-830→TS-850と使っていましたが、アンプ用の電池の消耗が激しくたまに参加したPHのCONTESTで電池切れした事があったりして使わなくなっていました。マイクコネクタからの8Vを使えば電池切れの心配もないので、電池は取り外しコネクタからの電源を接続しました。
またフットスイッチ用のPTT配線も引き出して利用できるようになりました。
たぶん、本格的にPHでやる時はヘッドセットを購入することになると思いますが、いつの事か?です。

0108951f296544991874c34c6391bac645c92be05d

15m 2ELE

家族は、一昨日よりちょっと寒いかなという程度だったと言いましたが、昨夜寝たら寒気が・・・体調不良か?出張の疲れか??
午前中、子供とキャッチボールしたりして、ちょっと汗が出たら調子良くなりましたので、午後からは、CL10と248Aのエレメントを延長し15mの2ELEを作りました。
近くのホームセンターには1m長のアルミパイプしかありませんでしたので、ディレクタを付けた2ELEとしました。
10mの時と同様にZL向けに取り付け予定です。

15m_2ele

朝と夜のRBN(追記)
VE6やAC0Cと中部位までは飛んでいるようです。

de                 dx                      freq            snr          speed         time
VE6AO     JH6WHN 21011.6    12 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
KO7SS     JH6WHN 21011.4    8 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
WZ7I        JH6WHN 21011.4    15 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
KH6LC     JH6WHN 21011.3    4 dB    29 wpm    2234z 21 Nov
N7TR       JH6WHN 21011.4    16 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
N6TV       JH6WHN 21011.3    13 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
VK4CT    JH6WHN 21011.3    16 dB    29 wpm    2232z 21 Nov
AC0C       JH6WHN 21011.4    15 dB    29 wpm    2232z 21 Nov

夕方は19時頃(JST)VK9WAを呼ぶパイルが15mで良く聞超えていましたが、その後は弱くなりました。
20時過ぎたころ10mと15mでCQ TESTを出してみました。ANTはLP向け。10mでは弱いながらEUからSPOTされて、週末15mで良いのか悩みます。
de                 dx                      freq            snr          speed         time
VK4CT     JH6WHN    21003.8    25 dB    29 wpm    1123z 22 Nov
ON5KQ     JH6WHN    28018.5    5 dB    30 wpm    1117z 22 Nov
DJ9IE      JH6WHN    28018.4    6 dB    30 wpm    1116z 22 Nov
HB9BXE   JH6WHN    28018.5    7 dB    29 wpm    1115z 22 Nov
ZL2RV      JH6WHN    21004.0    10 dB    30 wpm    1111z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    21003.6    21 dB    29 wpm    1111z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28018.3    18 dB    29 wpm    1108z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28018.4    10 dB    30 wpm    1108z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28007.3    8 dB    28 wpm    1107z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28007.3    26 dB    28 wpm    1107z 22 Nov
DF4UE     JH6WHN    28006.4    12 dB    29 wpm    1054z 22 Nov
VK4CT     JH6WHN    28006.4    27 dB    30 wpm    1054z 22 Nov