「CONDX」カテゴリーアーカイブ

SSN=0の日

サイクル25の太陽活動が始まったとの話が出ています。
SSNが0の日は2018年が208日、2019年は274日と今年が多くなりました。
サイクル24が始まるまでのSSNが0の日は、2008年が265日、2009年は263日でした。月ごとでは、2009年8月は31日でしたが、12月には9日になり2010年はCONDXの上昇が感じられる年となりました。
2020年は?
と言う事でサイトのタイトルを変更しました。

2019 ARRL 10m

今年もフル参加できる体制は取りましたが、CONDXが・・・
SSNは11月13日以降0が続いている模様。
スタートは九州の局と交信。09時半(JST)頃からVKが聞こえ始めるが、QSBが深く、谷に落ちるとほぼ聞こえず。KH6位はできるだろうと思ってましたが、昼前に南東方向からKH7Mが聞こえましたが、QSOできず。JAとQSOするZLはカスカス。国内もKWと思われる局はそこそこでしたが他は弱く・・・
VKは昼過ぎ頃59で聞こえる局もいましたが、信号が強い時間帯は短時間で、QSBがありました。
1日目は29QSOで終わり。

2日目は9時頃からRU0、JA8とQSOできて国内がオープンするかなと思いましたが、外出予定があり運用再開は昼過ぎからでVK数局、最後にYCとできで終了しました。

3日目は空CQを約1時間続けて終わりました。

ほんと暇でしたので、無線関係のBlogを読んだり、年賀状を作ったりでどちらがメインなのかわからないコンテストでした。

Band Mode QSOs  Pts    S-P Cty Pt/Q
  28   CW    27    108    0    5   4.0
  28   USB   13   26    0   4   2.0
Total  Both    40    134    0   9  3.4
Score: 1,206

de   freq    snr   speed   time
VK4CT 28015.5 14 dB 28 wpm 0602z 15 Dec
VK4RJ 28015.7 19 dB 29 wpm 0601z 15 Dec
VK4RJ 28016.7 20 dB 29 wpm 0558z 15 Dec
VK4CT 28016.4 12 dB 29 wpm 0558z 15 Dec
VK4RJ 28016.7 7 dB 29 wpm 0548z 15 Dec
VK4CT 28016.4 6 dB 29 wpm 0548z 15 Dec
VK4RJ 28016.7 3 dB 29 wpm 0531z 15 Dec
BD7JNA 28018.1 4 dB 28 wpm 1002z 14 Dec
BD7JNA 28018.1 6 dB 28 wpm 0951z 14 Dec
BD7JNA 28018.1 9 dB 28 wpm 0941z 14 Dec
VK4CT 28013.3 8 dB 26 wpm 0444z 14 Dec
VK4CT 28013.3 8 dB 25 wpm 0433z 14 Dec


サイクル24は終わったか?

4月中は太陽活動がやや活発化し、このままサイクル25か?と思いましたが、その後は、5月末に黒点が観測されたほかは0が続いています。
2008年~2010年頃のLogを見てみると、2009年のWW SSBでは10mでIT9あたりまでQSOできています。2010年の2月にはWPX RTTYでZONE16あたりとは複数の局と、ARRL CWではNR5MとQSOしています。
WW CWの参加結果を見たら2008年が最低です。

2010 10M 10,192
2009 10M 1,872
2008 10M 1,584
2007 10M 2,822

しかし、フルに運用 と言うことでもなく、ここ数年は10mでの参加もなく、比較できません。
そこで毎回15mで参加しておられる某氏の結果をグラフ化してみると。10年前はよく似た結果になっています。そして、昨年の2018年は極端に悪いことから今年から上昇傾向が見えてくると期待できそうな雰囲気です。



夜の15m

SSNは0が続いています。15mでWSJT-Xを開いていたら19時(JST)過ぎに3B8のCQが見えて、呼びましたが応答なし。そのままにして、リビングでTVを見たりして21時過ぎにシャックに戻ると、以下の通りZSが見えてました。わずかながらこの時間でもパスはあるようです。

サイクル23ではweb cluster、サイクル24ではRBNでCONDXを把握していました。
サイクル25ではFT8を使ってCONDXを把握してCONTEST参加するようになるのでしょうか。

サイクル25は来年から?

ARRL10mに参加中ですが、CQをたれ流し状態ていろんな事をやっています。
(QSOしていただいた方は呼んでいるのにCQが出たり、応答が遅れてすみません。)
blogを見てみたり、色々と情報をのんびり見ていると、以下を発見。来年の黒点数予想で0が続いた後、11月に1を予想している。

(http://swc-legacy.nict.go.jp/sunspot/)

今後12ヶ月の黒点数の予測値
データ日: 20181209 (UT) ©SIDC
年月(UT) 黒点数
2018年12月 04
2019年01月 03
2019年02月 02
2019年03月 02
2019年04月 02
2019年05月 01
2019年06月 01
2019年07月 00
2019年08月 00
2019年09月 00
2019年10月 00
2019年11月 01

FT8 DXペディションモード

VP6DでもFT8の運用計画があるとのことで、FT8のDXペディションモードが使えるようにWSJT-Xのインストールからセットアップを実施。受信は可能になり、Logger32へのデータ受け渡しもできそうなので、TXのテストを実施したが、送信されない。今年初めに、3YのPediに合わせて免許の申請やJTDXのインストールは行っていたがこの時も受信のみだった。


現在もRTTYをFSKで運用するために、10年以上前からJH3GXF局のインターフェースを使用している。
MMTTYへの受信信号、PTT(昔ながらのシリアルポート使用)もACC2に接続している。後から内臓したキーイングもシリアルポートから行っている。
AFSK、PSKは運用した事が無かったので、PCからRIGへの信号入力はやった事がなかった。
WSJT-Xの設定を確認してシリアルポートからのPTTで送信状態は可能となったが、信号が入力されずRIGの送信出力はなし。
インターフェースの信号レベルがどうなっているのかわからないため、取り外してレベル調整を行うが全く変化なしだが、液晶ディスプレイのスピーカーから信号が出ている。
PCの信号出力はSound Blaster Zのヘッドホン出力に接続しているが、ヘッドホンを接続するが何も聞こえない。液晶のスピーカーへの音声は、オンボードの音源からの信号に変更したが変化なし。 Sound Blasterのツールではヘッドホン出力できるはずだが・・・原因はわからないが、スピーカ出力にヘッドホンを接続し信号を確認できたので、ツールで設定を行ってインターフェイスを接続しレベル調整をするが、RIGの送信はなし。RIG側の入力設定、レベル設定等も何度も確認するが変化ない。21時過ぎから始めたのでここまでで23時を過ぎてしまった。
VP6Dもある事から送信できるようにすることを優先し、USBから信号を入力する事に変更し、WSJT-Xの設定、RIG側の設定を変更、確認していくとやっとで送信するようにできた。
既に0時を過ぎていたがとりあえず1局やってみるかと40mでCQを出していたYCを呼んでみると応答があったが、RPRTを送った後QSOの終了まで行かない。相手は何度もRを送ってくるが・・・よく見てみると最初の設定がペディションモードにしてそのままになっていた。
その後、設定を変更して、UA0とQSOしたがLogger32にへのデータ受け渡しが上手く行っていないが、もう1時。もろもろ片付けをしたら2時になってしまった。
Logger32との設定確認はこの次に。




あっと言う間に5月

4月に異動となり、これまでより自宅に近い勤務地となったので色々妄想していましたが、自宅に帰ってきても長男が就職によりアパート探しと引っ越し。連休は自宅の庭の整備にまるまる2日間かかりました。
と言う事で、27日夜に帰ってきて、タワーは伸ばしたもののALL JA 全く聞く事もなく不参加でした。
不要品や庭の整備後の廃棄のために休みを取っていた、今日(5月1日)の夕方にやっとでRIGの電源 ONとなりました。
C9がCLUSTERにSPOTされていましたが、聞こえないので久しぶりに、NICTのページを見たら
http://swc.nict.go.jp/sunspot/
3月のSSNは1.5 予想では7月から0が続く・・・
昨年のWWCWの結果を見て、秋からは本格的にやりたいものだと考えていましたが、この予想では妄想も進みません。

年月(UT) 黒点数 F10.7
2017年04月 19.4 80.9
2017年05月 11.3 73.5
2017年06月 11.5 74.8
2017年07月 10.7 77.7
2017年08月 19.6 77.9
2017年09月 26.2 92.0
2017年10月 7.9 76.4
2017年11月 3.4 72.1
2017年12月 4.9 71.5
2018年01月 4.0 70.0
2018年02月 6.4 72.0
2018年03月 1.5 68.4

 

年月(UT) 黒点数
2018年04月 6
2018年05月 4
2018年06月 2
2018年07月 0
2018年08月 0
2018年09月 0
2018年10月 0
2018年11月 0
2018年12月 0
2019年01月 0
2019年02月 0
2019年03月 0

VK9MAと3C1L

Mellish Reefはバイトしたお金で外部VFOを買ったりして初めてDX pediを意識してやった思い出があります。1978年VK9ZR。
lotwでのCfmも10mと17mですので現在運用できるバンドですべてのQSOを目指しましたが、まだ20mと17mができてません。終盤なので20mはQRVしててもFT8だったりで呼ぶチャンスもありません。今日の日中の期待します。

12日朝は、40mで3C1Lが強力な信号で聞こえており、8時(JST)過ぎにQSOできましたが、あまりの強さで本物か?です。まだlogがアップロードされていませんので、確認できずです。
10mで3Cは未QSOどころか聞いた記憶もない珍です。サイクル25では狙いの一つになるでしょう。

SSNは0が続いており10月の平均も一桁、来年の秋までは下降が予想されていますが・・・

年月日(UT) 黒点数 F10.7
2017年11月02日 0 74
2017年11月03日 0 73
2017年11月04日 0 72
2017年11月05日 0 71
2017年11月06日 0 69
2017年11月07日 0 68
2017年11月08日 0 68
2017年11月09日 0 66
2017年11月10日 0 69
2017年11月11日 0 67

2017JIDX CW

10mや40mシングルバンドでの参加も考えましたが中途半端なANTですのでABLで参加しました。
10mはもちろんの事、15mでもEU、NAが聞こえずでした。
あと2年はこのようなCONDXと思っておいた方が良いのか?

 Band     QSOs     Pts  DXC  Zn   Pt/Q
     7        83       83   25    18    1.0
    14        67       67    35    15    1.0
    21        24       24   16       9    1.0
    28        13       26      8       7    2.0
 Total     187     200   84    49      1.1
Score: 26,600

最近10日間の観測値
データ日: 20170414 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点数 F10.7
2017年04月04日 75 94
2017年04月05日 37 85
2017年04月06日 38 76
2017年04月07日 27 74
2017年04月08日 0 73
2017年04月09日 13 74
2017年04月10日 13 74
2017年04月11日 12 75
2017年04月12日 13 71
2017年04月13日 12 74