「CONTEST」カテゴリーアーカイブ

大分コンテスト

T2-8DXを下したりの作業をしている時に、大分県支部長から連絡があり、「大分コンテストに県人局部門を作ったのでぜひ参加してね。」とのこと。

RN4DXがあるので40mで参加しますと伝えて、夕方はN1MMのUDCをどうしようかと考えてたら同じ県人局部門がある鹿児島コンテストのを利用し、SPCを大分コンテストすれば良さそうて事で修正し利用しました。
2日目は、草取り、T2-8DXのブーム抜き作業をしながらの運用でしたが、RN4DXでむりやり10mも運用しましたが、4エリアまで開ける状況でしたので50局以上とQSOできました。

Band Mode QSOs Pts Mul Pt/Q
7  CW   85  83  44  1.0
28  CW   53  52  25  1.0
Total Both   138  135  69  1.0
Score: 9,315

2019 JIDX CW

開始前は15mでの参加のつもりでしたが、太陽活動の状況を見ると黒点がありましたので、AFあたりはできるかもと思い10mで参加することにしました。

Band QSOs   Pts  DXC  Zn   Pt/Q
3.5   1   2    1  1  2.0
2 1  1   1   1   1  1.0
2 8   27  54  11   9  2.0
10m  Score: 1,080

80mはなんとDUがCFMできてないことが分かり、DU6/N6SSと、15mはCQを出していた5X2BとQSOしていますが10mでLogは提出しました。

期待したAF方面は、RBNによると1日目夕方は以下の通り3B8方面へそこそこの信号だった時間帯もあったようです。2日目は15mでQSOした5Xは、長いQSOを伴い、底に落ちるとかなり厳しい信号であったことからCONDXも悪かったのか、1回のみで1日目良かった日の入りの時刻は全くSPOTされずでした。
NA、SA,EUも聞こえることもなくASとOCのみで終わりました。

3B8CW JH6WHN 28018.0 CW 5 dB 28 wpm 1006z 13 Apr
3B8CW JH6WHN 28018.6 CW 18 dB 28 wpm 0948z 13 Apr
3B8CW JH6WHN 28018.4 CW 6 dB 28 wpm 0923z 13 Apr

3B8CW JH6WHN 28012.8 CW 5 dB 30 wpm 0643z 14 Apr

2018CQ WW SSB結果

Assisted Low 15mではJA 1位 AS 2位 World 10位と良い結果ではありますが、Low 15m JA 1位のJF3BFSには大きく離されていました。

2018CQ WW SSB

Summary *

 283 Claimed QSO before checking (does not include duplicates)
 278 Final   QSO after  checking reductions

 709 Claimed QSO points
 676 Final   QSO points

  71 Claimed countries
  71 Final   countries

  31 Claimed zones
  31 Final   zones

 102 Claimed mults
 102 Final   mults

72,318 Claimed score
68,952 Final score

4.7% Score reduction
1.8% Error rate based on claimed and final qso counts

   5 (1.8%) calls copied incorrectly
   0 (0.0%) exchanges copied incorrectly
   0 (0.0%) not in log
   0 (0.0%) duplicates (Removed without penalty)
   0 (0.0%) calls unique to this log receiving credit (not removed)

Results By Band *

         Band   QSO  QPts  Zone Cty Mult

Claimed 160M 0 0 0 0 0
Final 160M 0 0 0 0 0

Claimed 80M 0 0 0 0 0
Final 80M 0 0 0 0 0

Claimed 40M 0 0 0 0 0
Final 40M 0 0 0 0 0

Claimed 20M 0 0 0 0 0
Final 20M 0 0 0 0 0

Claimed 15M 283 709 31 71 102
Final 15M 278 676 31 71 102

Claimed 10M 0 0 0 0 0
Final 10M 0 0 0 0 0

Claimed All 283 709 31 71 102 72318
Final All 278 676 31 71 102 68952

* Incorrect Call *

21339 PH 2018-10-27 0605 JH6WHN 25 UN7PT 17 correct UN8PT
21355 PH 2018-10-27 0640 JH6WHN 25 SP4BUC 15 correct SP2BUC
21203 PH 2018-10-28 0429 JH6WHN 25 BK3GA 23 correct BY3GA
21376 PH 2018-10-28 0719 JH6WHN 25 DJ9MW 14 correct DJ5MW
21266 PH 2018-10-28 1057 JH6WHN 25 EA3X 14 correct ED3X

Multipliers by Band *

15M multiplier total 102

4X 5B 9A 9K 9M2 9M6 9X A7 BV BY
CE CN CT CX DL DU E7 EA ER ES
EU F FR G HA HB HL HS I IT9
JA JT K KH2 KH6 KL LX LY LZ OE
OH OK OM ON PA PY S5 SP SV TA
TG UA UA2 UA9 UN UR V8 VK VK9X VR
VU XE XX9 YB YJ YL YO YU ZL ZP
ZS

1 3 4 6 7 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 36 38 39

Stations Copying JH6WHN Incorrectly *

21269 PH 2018-10-27 0611 R2AA 16 JH8WHN 25
21205 PH 2018-10-28 0921 YO3FRI 20 JH5WHN 25

* Stations Receiving Not In Log From JH6WHN **

21212 PH 2018-10-27 0626 YB8RW 28 JH6WHN 25

Stations Copying JH6WHN Exchange Incorrectly

21330 PH 2018-10-27 0334 BY1AA 24 JH6WHN 24 correct 25


2019CQ WPX RTTY

隔週で家には帰っていますが、何かとやる事も多くWPX RTTYが今年初めてのコンテスト参加となりました。
月曜日も休日でフル参加できる予定でしたが、土曜は午後から日曜も午前中は出かける予定ができて、 それなりの参加となりました。
SSNは0の日が多く10mは当然の事15mでも厳しいCONDXのため直前まで20mかマルチバンドか悩みましたが、 この時期のCONDX把握?の15mとしました。
1日目
SAもなかなか見えず、NAもパスは有るようですがスポット的なのか1時間でK6とZLで3QSO。
11時(JST)過ぎから出かけて、夕方のEU方面には間に合わず。
夜はAP Sprintに参加しようと思っていたのにすっかり忘れてました。
2日目
8時前になりパラパラと見え出して前日できなかったCV7SやKH6ともできました。9時過ぎからはEスポ?と JA1エリアが強力信号で、国内局がアップダウンしながら出かける11時になっても見えてました。
午後からは沢山運用しているYBとQSOして、16時前からはEUと数局できました。17時過ぎからはZONE15ともできましたが、 PWRもANTも特別な局なんでしょう。
3日目
何も見えてませんが、とりあえずCQを出すとKI6RRNから呼ばれて、良いぞと思いましたが全く続かずでした。
前日は、RBNでN2ICから何度かSPOTされましたが今日は全く無く、CV7Sも見えずで1QSO増で終了となりました。

Band QSOs Pts  WPX  Pt/Q
21   74   152  59    2.1
Score: 8,968

主なRBNでの受信信号 W方面はN2ICのみなのでロケーションの良さが飛びぬけてる?
de    freq    snr   time
JH4UTP 21099.0  12 dB   2240z 10 Feb

9M2CNC 21094.8  16 dB   0706z 10 Feb
VU3KAZ  21080.4  11 dB   0434z 10 Feb
JF2IWL  21080.4  42 dB   0149z 10 Feb
CX6VM  21096.0  27 dB   0116z 10 Feb
7L4IOU  21096.1  44 dB  0107z 10 Feb
N2IC   21096.1  7 dB  0107z 10 Feb
CX6VM 21096.0  31 dB   0046z 10 Feb
N2IC  21096.1  21 dB   0045z 10 Feb
CX6VM 21096.0  29 dB   0037z 10 Feb
N2IC  21096.1  9 dB  2323z 09 Feb
CX6VM 21095.9  18 dB   2319z 09 Feb
7L4IOU 21096.0  11 dB   2315z 09 Feb
CX6VM 21095.9  18 dB  2242z 09 Feb

9V1RM  21081.0  9 dB    0905z 09 Feb
VU3KAZ 21080.9  12 dB  0859z 09 Feb
VU2PTT 21080.9  10 dB  0859z 09 Feb
CX6VM 21080.9  12 dB  0022z 09 Feb
N2IC  21081.0  11 dB   0012z 09 Feb
CX6VM 21081.4  23 dB   0004z 09 Feb

2018 ARRL10m

今年は10mでのコンテスト参加はWPX CW位でしたので〆のARRL10mはフル参加できるように準備しました。もっともCONDXは昨年同様と想定してましたが、予想以上に悪く、日の出から10時JST過ぎまでは電離層によるパスは全くありませんでした。日の入り後は1時間程度は東南アジア方面が聞こえましたが、不安定な信号でした。QSO数はほぼ1日目で、2日目は9QSO、3日目朝は想定通り0QSOでした。
福島の10mマンOMは今年も元気な声が聞こえ交信できました。

Band Mode QSOs Pts S-P Cty Pt/Q
28  CW   55  220  0    11    4.0
28  USB  40    80   0       7    2.0
Total Both     95     300   0     18    3.2
Score: 5,400

ARRLでも過去のコンテスト結果が公開されていますので、コンテスト中は、第1回目(1973年)ARRL10mの結果を見たり、自分が参加した中で最もすごかったと思っている1978年(Log未提出だった)の結果を見たりしてました。
その他、無線以外の作業や調べものをしながらCQを連発してましたので呼ばれるとカーソルがブラウザーや他のアプリにありCQが止められない事が多かったです。
一応、SDRでCW運用時はSSBのバンドを確認できるようにしてましたが、効果はほとんどありませんでした。

LZ DX

11月18日の参加でしたが、とりあえず記録を残しておきます。

Band Mode QSOs  Pts  Mlt    Pt/Q
21   CW  68   257  8+11  3.8
Score: 4,883

WWCWに向けての運用でした。DLあたりまでQSOできてそこそこのCONDXでした。
WWCWはM/Sで参加しました。

2018CQ WW SSB

VP6Dと10mでのQSOに期待して、予定通り、
15m Assisted – Low部門に参加しました。

開始前はZFとCW、SSBとQSOできたのでソコソコのCONDXは期待できると思い開始。VP6Dが開始前には聞こえずDXAで様子を見ながら・・・
1日目
RUNしても呼ばれずで10mのVP6Dを聞くとできそうな信号なので早くも中断し、しばらく呼びQSO。せっかくなので、15m→12mとやって30分以上中断した後に安心してコンテストに復帰できた。
早めの昼ごはんの後は、M/Mで参加予定の中東方面の局を確実にQSOすべく探すとA44Aがそこそこの信号で聞こえていた。時間を置きながら何度も呼ぶが、が結局できず。A73Aとはできたが、A6やA9はSPOTされるが聞こえず。
16時(JST)過ぎがらのEU方面はRUN中に1度SPOTされて一瞬呼ばれたが、後はたまに呼ばれる程度。17時頃にはZONE14ともQSOできたがその後、1時間程度所用で外出。帰ってきてもEU方面は聞こえており、CTやCNとできたが19時頃には静かになり、1日目終了。

Band QSOs  Pts    ZN  Cty  Pt/Q
21    161  405  26    51    2.5
Score: 31,185

2日目
前日のEUの状況から、土曜朝と同様程度には聞こえるかと期待したが、CONDXは下降?。日の出直後にHKやPZが短時間聞こえたが、その後はほとんど聞こえずで、9時までにわずか8局。
午後からは、昨日も出ていた9XやFRとできマルチを増やす事ができた。朝の状況から、EU方面も前日より悪いだろうなと思ってたが、それなりに聞こえていた。しかし日の入り後に急速にCONDXが低下するかもと思いながら運用したが、ZONE14も聞こえており18時過ぎにはG(M6T)ともQSOでき前日より良い感じ。その後もダラダラとオープンしており、EUのマルチを増やす事ができCN3Aとかは21時前まで聞こえていた。

Band QSOs  Pts    ZN  Cty  Pt/Q
21    281     705  30    70   2.5
Score: 70,500

3日目
朝、運用の準備している時にLUとやってないのは知っていたが、ZLともできてないのに気づいた。日の出前からSPOTとされたZLを聞いてみるが、聞こえず・・・
昨日同様に日の出直後に、K6やHK、TIが聞こえそこそこの信号だがCQ連発されできず(飛ばない!)。7時30分頃からはW方面が聞こえ出すかと思ってたら前日より悪く静かな状態が続く。JAの某局がLUと思われる局を呼んでいたら、突然聞こえ始めた。どうもANTをJAに向けた模様でチャンスだったが、今回もCQ連発で聞こえなくなる。
8時過ぎに突然TGが聞こえ、QSOできバンド内を聞くが静かな状態は変わらず。その後ZLのSPOTでANTを向けると聞こえており無事QSOできた。終了前に東に向けてCQを連発するも結局LUとはできずに終わり、朝は2局増やしただけでコンテスト終了となった。

Band QSOs  Pts    ZN  Cty  Pt/Q
21   283  711   31    72    2.5
Score: 73,233

マルチはS&Pがほとんどだったのでほぼ想定通り。EU方面はもう少しRUNできるかと思っていましたが、ヘボなのか飛んでいないのか?
NA方面は、細い線で結ぶようなCONDXで一瞬のオープンが多かったように感じました。
聞こえたができなかったところ。
EA8 D4 A4 OD PZ HK TI
SSN=0が続いているCONDXなので、楽しめたと思っています。

 

以下は、このページから

最近10日間の観測値
データ日: 20181028 (UT) ©NOAA/SWPC
年月日(UT) 黒点数 F10.7
2018年10月18日 0  70
2018年10月19日 0  70
2018年10月20日 0  70
2018年10月21日 0  71
2018年10月22日 0  71
2018年10月23日 0  72
2018年10月24日 0  70
2018年10月25日 0  69
2018年10月26日 0  69
2018年10月27日 0  69

最近12ヶ月の観測値(月平均値)
データ日: 20181027 (UT) ©SIDC
年月(UT) 黒点数 F10.7
2017年10月 7.9  76.4
2017年11月 3.4  72.1
2017年12月 4.9  71.5
2018年01月 4.1  70.0
2018年02月 6.4  72.0
2018年03月 1.5  68.4
2018年04月 5.3  70.0
2018年05月 7.9  70.9
2018年06月 9.4  72.5
2018年07月 1.0  69.7
2018年08月 5.3  69.1
2018年09月 2.0  68.3

JARTS WW RTTY TEST

AP Sprintと同様に主目的は15mのCONDX把握です。
1日目は昼過ぎに自宅へ戻りましたので、夕方のEU方面のチェックです。15時半過ぎ(JST)にはYTから呼ばれましたが続かずでした。
2日目朝はW狙いでしたが、7時半過ぎからパラパラとQSOできていましたが、なかなか増えず、HC1JQとQSOしたりしてで終わりました。
その後APSprintに参加したりで、本格的な運用は15時前からとなりました。
16時までにはLYやOHとQSOできて前日よりCONDXは良さそうです。18時過ぎからはF、DL、EA8までできました。
3日朝は7時前からCQを出すと、RBNでは反応があり、CQをだしているとW5、0あたりまでできました。

Band QSOs Pts DXC Are Pt/Q
7 17 43 6 8 2.5
14 1 3 1 0 3.0
21 100 287 25 10 2.9
Total 118 333 32 18 2.8
Score: 16,650