「Cycle 25」カテゴリーアーカイブ

2020ww cw(3日目)

昨日同様に、7時(JST)には何も聞こえず、7時30分頃からLUが聞こえ始める。QSO済みの局なので、しばらくはANTを南に向けてCQ垂れ流し・・・
8時前にWが聞こえ始め、昨日よりも強くNO6Tをしばらく呼んでQSOできました。(N6WMも聞こえていましたがQSOできず)

今回は太陽活動が活発になった時期とばっちり一致しましたが、底からの脱出期で電離層も不安定?赤道をまたぐパスはそれなりに安定していましたが、EUやNAはQSBが深かったり数分後は聞こえなかったり(電離層で反射したり突き抜けたり??)がありました。ちょうどピークに当たるとQSOできる感じでした。

 

2010年のスコアーを参考に100QSO、50マルチが目標でしたが、予想以上の太陽活動で以下の結果になりました。

10M LOW Score:13923     TS-590SG 4ele YAGI

Band QSOs Pts ZN Cty
28 125 273 21 30

2020ww cw(2日目)

7時30分(JST)からLUやPYが聞こえ始めましたが、カスカスで昨日QSO済みの局ばかりでした。08時過ぎてSAが強くなりだしNH6のCQも聞こえてきましたが「?」が帰ってきたのみでQSOできずでした。08時20分頃からAA6AAのCQが聞こえてきましたがまたも「?」が帰ってくるのみ。その後NO6Tも聞こえましたが、こちらは弱くCQ連発でどちらも呼べる信号で聞こえたのは10分弱でした。
9時過ぎるとSAは昨日同様に強力になりその状態が10時過ぎても続きました。
11時半過ぎて所用で外出、昼食をした後の13時半頃には昨日QSOした8Q7も聞こえ始めましたので、西ビームで聞くとVUを発見しQSOできました。その後はCQを出しているとUNが呼んできて、2マルチ増となりました。
14時過ぎて西に向けてCQを出しているとUA6が呼んできました。ANTを回すとS7位振っていましたので、しばらくは北西向けでCQ出してZONE18~16からパラパラと呼ばれれ局数を増やす事ができました。昨日同様に16時を過ぎるとパッとせずでした。日没後にANTを南西に向けるとEUが弱いながら聞こえており、ひょっとしてLPとANTをさらに南にすると信号が強くなりましたので南東のLPへ向けてみると、信号はちょっと弱くなりほぼ真南が信号が強く普段経験するLPでもインド洋のスキャッターとも違うパスと思われました。一番強かったOMとは何とかQSOできました。他にOK、SN、YUを聞きましたがQSOはできず18時頃には弱くなりました。

29日(2日目)SSN=81(silso)

Band QSOs Pts ZN Cty
28 123 267 20 29

2020ww cw(1日目)

CWこそは20mで参加する予定でしたが、SFI=100以上となっていましたので、CONDX上昇期のおっ!と思えるパスに遭遇できるかも?とまたまた10mでの参加にしました。
サイクルの底からの上昇期は、電離層が直ぐに反応しないようなイメージがありSFI=100以上と言っても期待外れも覚悟の上です。
開始前の28日7時30分(JST)位から、15mを聞くとSPOTされたP4は何とかわかる程度・・・まあ想定内と思いつつ10mのFT8で様子を見るとLU、PYはバンバン見えてます。九州の6mでの有名局が出ておりW7やHPとQSO・・・我が家では見えませんでした。
CWでCQを出すと、RBNでCXから反応ありました。

コンテスト開始後、最近なかなか良く聞こえないPYもやや北東方向から聞こえておりCONDXはそこそこ良さそうですが、NAは聞こえずでした。
午後からは、8Q7がJAとQSOしているのを聞いて、すぐ上でCQ出しましたが呼んではくれず。しかし、しばらくしたらCQを出しているのを見つけてQSOできました。
15時前から、長崎県の山頂局はZONE16とQSOしていましたが聞こえずでしたが、CQを出しているとUA3やUTが呼んできてQSOできました。16時前にはLZともQSOできましたので、地中海沿いにパスが伸びる事に期待しましたが、それまででした。日没前後もQSOは増えずに1日目は終了しました。
28日(1日目) SSN=72(silso)

Band QSOs Pts ZN Cty
28 49 121 15 18

サイクル25

昨年末にサイクル23から24にかけてのSSN=0の年間日数を書きましたが、6月からひと月あたりは15日以下となり8月まで続き期待しましたが、9月は28日となりましたので、まだ上昇期に入ってないのかと思っていました。しかし10月には8日となり、10月13日を最後に1以上が継続中です。11月13日までで今年のSSN=0の日は149日ですので200日以下は間違いなく黒点の上昇期になったようです。今後は上昇の傾向がサイクル24と比べて急なのか、緩やかなのか気になるところです。
本日夕方は、10mでRA6(FT8)とペディション中の7Q7(CW)ともQSOできてCONDXの上昇を感じる事ができました。

ssn=0の日

12月31日に 2019年は274日 がSSN=0だった事を書きました。1月は、SSNの値は大きくなりませんでしたが、0の日は13日しかなくいよいよサイクル25が始まるか?と期待したのですが、2月2日から、3月7日まで連続0でした。

変化が現れるのは、今年の秋ごろでしょうか。

SSN=0の日

サイクル25の太陽活動が始まったとの話が出ています。
SSNが0の日は2018年が208日、2019年は274日と今年が多くなりました。
サイクル24が始まるまでのSSNが0の日は、2008年が265日、2009年は263日でした。月ごとでは、2009年8月は31日でしたが、12月には9日になり2010年はCONDXの上昇が感じられる年となりました。
2020年は?
と言う事でサイトのタイトルを変更しました。

10m 4ELE

サイクル25に備えて10mのアンテナそろそろ上げておかないと思い、5ELEにしようかと思いましたが?、 以前MMANAで一番下の2ELEを4ELEにしようかと考え計算したものがありましたので、それを元に組み立てました。ブームはちょっと細いかもと思いましたCL6DXの物を使用。エレメントはCL10のエレメントを調整しました。

50オームバラン直接給電で、SWRはMMANAの設定より少し高い周波数で落ちていました、28.000で1.3程度。ダミーロードでなくそれなりに飛んでくれれば、すべてOKでしょう。

サイクル24は終わったか?

4月中は太陽活動がやや活発化し、このままサイクル25か?と思いましたが、その後は、5月末に黒点が観測されたほかは0が続いています。
2008年~2010年頃のLogを見てみると、2009年のWW SSBでは10mでIT9あたりまでQSOできています。2010年の2月にはWPX RTTYでZONE16あたりとは複数の局と、ARRL CWではNR5MとQSOしています。
WW CWの参加結果を見たら2008年が最低です。

2010 10M 10,192
2009 10M 1,872
2008 10M 1,584
2007 10M 2,822

しかし、フルに運用 と言うことでもなく、ここ数年は10mでの参加もなく、比較できません。
そこで毎回15mで参加しておられる某氏の結果をグラフ化してみると。10年前はよく似た結果になっています。そして、昨年の2018年は極端に悪いことから今年から上昇傾向が見えてくると期待できそうな雰囲気です。



夜の15m

SSNは0が続いています。15mでWSJT-Xを開いていたら19時(JST)過ぎに3B8のCQが見えて、呼びましたが応答なし。そのままにして、リビングでTVを見たりして21時過ぎにシャックに戻ると、以下の通りZSが見えてました。わずかながらこの時間でもパスはあるようです。

サイクル23ではweb cluster、サイクル24ではRBNでCONDXを把握していました。
サイクル25ではFT8を使ってCONDXを把握してCONTEST参加するようになるのでしょうか。

SDR

7月にJARL大分県支部のはむ寺子屋 に参加してました。
ちょうど次のサイクルに向けて何らかの準備を始めようと思ってたところでした。価格も手ごろで講師がお勧めだったSDRplay RSP2、HPを見るとちょうど夏休みキャンペーンとの事で、先月購入しました。

All Asia TEST中ですので、10mでCQをたれ流ししながら、通販で購入したSMAコネクタの作成です。コネクタは1.5D用と3D用を準備していましたが、とりあえず1.5Dで作成してみました。
SMAコネクタを使うのは初めてですので、Webで検索してほぼNコネと同じ作業を確認後に開始しましたが、老眼でほぼ見えません。眼鏡を付けたり外したりしながら、なんとか作成できました。

受信確認にPCにHDSDRをインストールし、TS-590SGのDRV端子に接続し、受信を確認しました。

All Asia TESTは黒点が増加中なので思わぬところが聞こえるか?と期待しましたが、
SFI=100 SSN=62 A=28 K=3 と磁気が乱れすぎです。
VK、ZLとのQSOもなく土曜は9局、しかし21時(JST)過ぎには4S7のビーコンはメーターを振らせて聞こえていました。